自動車

電気モジュールシールの検査

接着剤ビードの自動検査により製品の故障率を軽減

関連製品

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

DS1000 三次元レーザー変位センサ

製品を三次元で検査します。

電気モジュールの封止ガスケットは車両の不具合を最小限に抑えます。ロボットが、接着剤用ノズルから塗布する接着剤は検査の対象となります。手作業による検査では、ビードの軌道を完全に見ることができないため、塗布される量が正確に計算できません。接着剤のビードが細い、位置が間違っている、隙間があるとガスケットが完全に機能しないことがあります。

コグネックスの三次元ビジョンシステムは、接着ビードの位置を正確に検出、ビードの隙間を検出し、ビードの幅と量を測定することによって、ビードの検査工程を自動化します。この自動処理により、製品の故障率が下がり、検査速度が速くなりました。

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ