EV-Battery-Banner

電気自動車

熱伝導材料検査

ディープラーニングソリューションで熱伝導材料 (TIM) の適切な使用を確保

Cognex In-Sight D900 inspects the thermal interface materials on an EV battery cell

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900 ビジョンシステム

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

バッテリーは多くの熱を発生させる可能性があります。その熱は、バッテリーの損傷や早期のパフォーマンスの低下を防ぐために取り除く必要があります。熱伝導材料 (TIM) は、バッテリーから熱を奪うのに使用されます。多くの TIM は、同様に重要な電気絶縁機能を同時に果たしています。

TIM は、基板間を密に接触させて、正確に適用する必要があります。気泡、接着不良、混入を含むさまざまな欠陥は、熱伝導と電気絶縁性の両方を低減する要因になります。目視検査では、設置や適用時の数々の潜在的な欠陥を識別する必要がありますが、それには色のコントラストが悪い材料を扱うことが多くあります。バッテリーアセンブリが次の工程に進むと、TIM は永久に隠されてしまい、さらなる検査のために使用できなくなります。この段階でのエラーは、診断が難しい問題を引き起こす可能性があります。

ルールベースのマシンビジョンは、ビード、ギャップ、設置幅、およびその他の一般的な機能に関する予想可能な問題を正確に検出できますが、コグネックスのディープラーニングは、あらゆるタイプの TIM で設置時のさまざまな問題を検出できるよう学習します。バッテリーが後で故障した場合、その故障モードは保存された特定の TIM の画像と関連付けられ、ディープラーニングの登録画像を使用して、さらに正確にエラーを検出します。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...