EV-Battery-Banner

電気自動車

サイド/トップパネル溶接検査

ディープラーニング ソリューションでプリズムバッテリーパネルセルの溶接を評価

After the top and side panels are welded onto an EV battery, deep learning ensures they have been welded to specification

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

プリズムバッテリーセルでは、電極シートの周りに長方形のケースが溶接されます。その上にトップパネルが溶接されます。この蓋により、セルを使用中に過熱や冷却により膨張収縮できるようにします。プリズムセルの形状は、空間効率の良い方法で、セルを隙間なく配置する必要があるため、膨張収縮を考慮することが非常に重要です。サイドパネルとトップパネルのシーム溶接は、バッテリーセルがモジュールに取り付けられる前に、欠陥がないか検査する必要があります。

製品見積り

シーム溶接を適切に評価することは、バッテリー全体の機能性と耐久性において重要です。溶接はどれも外観が大きく異なる場合があります。さまざまな欠陥が存在する可能性がありますが、その中には性能に影響を与えない欠陥もあります。

二次元と三次元のビジョンシステムとディープラーニング技術を組み合わせることで、1 つのテクノロジを使用するよりも多くの潜在的な欠陥の種類を検出できます。コグネックスディープラーニングの欠陥検出およびセグメンテーション機能は、数多くの良好および欠陥のある溶接の画像を登録し、機能的欠陥と外観的欠陥を正確に分類し、区別できるよう学習します。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...