EV-Battery-Banner

電気自動車

噴出シール検査

ディープラーニングソリューションでバッテリーセル噴出シール溶接を検査

Cognex deep learning ensures injection seals are properly executed

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900 ビジョンシステム

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

バッテリーセルの上部キャップを溶接して試験した後、バッテリー内に電子を伝導する液体電解質が充填されます。充填が完了すると、充填穴を溶接して閉じられます。このとき、アノード、カソード、電解質に熱損傷を与える危険性があるため、低熱レーザー溶接で行います。

電解質汚染や溶接の欠陥で電解質が漏出すると、セル効率が低下します。充填後に密閉されたセルの電気的テストで、セルがモジュールに取り付けられる前に問題の存在を明らかにすることができますが、この方法は完全に信頼できるわけではありません。噴出シール溶接を適切に評価することは、バッテリー全体の機能性と耐久性において重要です。

コグネックスのディープラーニングは、インストール前に木目調のトリムやカーボンテクスチャパターンの識別を簡素化および自動化します。これは、装飾パネルのサンプルをタイプ別にした一連のラベル付き画像を登録して行います。この一連のデータを使用して、コグネックスのディープラーニングは、非常に類似した木目調や他のパターンを素早く区別し、正しいタイプのパネルが常に仕様に従って取り付けられていることを確認します。

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...