EV-Battery-Banner

電気自動車

キャップ溶接検査

ディープラーニング ソリューションでバッテリーセルの低温溶接を評価

Cognex deep learning inspection weld seams after the EV battery cap is attached to the cylinder

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

バッテリーセルが不適切に作られていると、効率が低下し、セル間の負荷が不均一となって、バッテリー管理をより困難にするのみでなく、バッテリーパック全体の耐用年数を減少させます。セル製造のエラーは、モジュールやパックに組み合わされた後に改善することは困難です。

電極とセパレータが円筒形セルのハウジングに収納され、電解質で満たされると、ハウジングはキャップで密封されます。ハウジング内の繊細な電気部品を損傷しないよう、低温溶接法(一般的にはレーザーを使用)が必要です。このような溶接は、キャップの周りをしっかりと密閉させるため正確でなければなりません。溶接後は、セルがバッテリーモジュール内または単一のセルとして使用される前に検査を通過する必要があります。溶接の不具合により電解液が漏出すると、セル効率が低下し、電池内の短絡につながる可能性があります。

製品見積り

キャップ溶接を適切に評価することは、バッテリー全体の機能性と耐久性において重要です。溶接の外観はすべて異なり、それらが示す欠陥は広範囲となる可能性がありますが、その中には性能に影響を与えない欠陥も含まれます。機能に影響を及ぼす欠陥を外観から区別することは、従来のビジョンシステムではほぼ不可能です。

コグネックスのディープラーニング採用欠陥検出および分類ツールは、幅広い溶接の違いを登録します。システムは、対象物や溶接の外観が異なっても、欠陥タイプを正確に分類し、区別できるよう学習します。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...