EV-Battery-Banner

電気自動車

バッテリーセル表面検査

ディープラーニングソリューションでセルのコーティング品質を確認

An In-Sight D900 finds defects on an EV battery cell surface during inline inspection

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900 ビジョンシステム

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

溶接後、バッテリーセルは耐久性のある保護コーティングが施されます。このコーティングには、コーティングの下に気泡や混入などの欠陥、コーティングを貫通する傷、塗布不良などがある可能性があります。欠陥のあるセルがバッテリーモジュールに使用されてしまうと、短絡や過熱、セルの近接、各セルが伝達する電荷、セルによって発生する熱、または熱伝導材料 (TIM) との不十分な接触などの要因になる可能性があります。

バッテリーセルのコーティングには、機能を損なわない様々な軽微な傷のみでなく、危険を招く、または使用不能にする一見軽微な傷があります。機能するコーティングは残しながら、欠陥のあるコーティングのみを検出できるようにすることが重要です。

バッテリーセルの表面は、ビジョンシステムにディープラーニング検査機能が装備されている In-Sight D900 シリーズのような、より高度なマシンビジョンシステムによって検査することができます。

コグネックスディープラーニングは、良好な表面と欠陥のある表面の両方で画像が登録されています。コグネックスのディープラーニングを採用している欠陥検出ツールは、光反射などの画像内の自然な変動を考慮しながらます。許容可能な変動範囲内で表面を識別して合否判定し、許容範囲外の欠陥にはフラグを立てます。

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...