自動車

ホイールとラグナットの締め付け

ナット自動締付ロボットのナットを位置決めするビジョンシステム

関連製品

2D Machine Vision Systems Insight 7000 and hand holding In-Sight 9000

In-Sight ® 画像処理システムは

検査、識別、位置決めする能力に非常に優れています。

Cognex Designer ビジョンソフトウェア

VisionPro ソフトウェアを使用する統合開発環境で、ビジョンアプリケーションを開発、導入、保守します。

組立工程でホイールのラグナットを手作業で締め付ける作業には多大な労力が必要です。ナットランナーは大きく重量もあり、各ホイールまで運んで必要なトルクを得るために人の手でひとつひとつホイールに当てられます。このような大きな装置の操作には、作業員の危険が伴います。また、トルクステーションに搬入される車両は同じ位置にあるとは限らず、ホイールが回転したり、斜めになったりしています。このような違いに加え、ナットランナーのサイズと重さが異なることは、工程自動化の大きな課題です。

コグネックスの二次元ビジョンシステムは、幾何学パターン照合ツールでホイールの種類を認識し、車軸の中心を検出します。ビジョンシステムは、ホイールの縁を検査して回転角を判断し、2本のレーザー十字線の間の相違を測定し、ホイールの回転および傾斜角を計算します。ビジョンシステムのデータは、ロボットコントローラに送られ、ロボットは手首をホイールの傾斜または回転角度に合わせて旋回し、ナットランナーを回転させてホイールの回転角に合わせます。次にロボットがナットランナーをラグナットまで誘導し、ナットランナーが必要なトルクで締め付けます。この作業を自動化することにより、作業の効率性が高まり、重いナットランナーを繰り返し操作する際の安全衛生上の問題を取り除くことができます。

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ