自動車

ギャップ/平面検査

高度な三次元レーザープロファイラを使用して、最終的なアセンブリ検証中にフラッシュとギャップを測定します。

Cognex 3D laser displacement sensor measures Car door Flush and Gap

関連製品

VisionPro 搭載 3D-L4000 の製品写真

VisionPro 搭載 3D-L4000

PC ベースの開発環境を備えた三次元変位センサ

自動車メーカーは最終組立確認時に、自動車のパネルが正しく接合され、寸法仕様に厳密に適合していることをチェックします。ドアは互いに同一面になり、ベース付近を挟まないようにする必要があります。これには、重要なギャップとクリアランスを測定する高い精度が要求されます。

寸法を確認するため、ロボットに搭載されたコグネックス三次元レーザープロファイラが、静止した自動車ドア上の予め選択された点に沿って移動し、xおよびzの二次元プロファイルを生成します。また、プロファイラは2つの垂直エッジ (x 寸法) の間のギャップの幅を計算して、設定された許容範囲内に入るようにします。検査時には、プロファイラの測定値が合格/不合格として提供され、パネルが正しく組み立てられたことが確認されます。正確な測定値は、品質管理とプロセス制御のために、プロファイルデータと共にエクスポートすることができます。このデータは、大きな故障が発生する前に行う上流のオートメーション機器やロボットの微調整に役立ちます。

自動車業界向けIn-Sight Laser Profilerソリューションのダウンロード
注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ