自動車

自動車最終組み立て検証

Cognex Deep Learning を使用して、すべての自動車部品が存在し、正しく組み立てられていることを確認する

Cognex In-Sight ViDi Automotive Assembly Verification

関連製品

In-Sight D900

In-Sight D900 ビジョンシステム

ディープラーニング採用 In-Sight ViDi 画像処理ソフトウェア搭載

VisionPro ViDi Product Tile

VisionPro Deep Learning

ディープラーニング採用の工業用画像解析向けグラフィカルプログラミング環境

マシンビジョンは、自動車部品の製造工程全体で、品質の欠陥を厳密に監視し、特定するために使用されます。アセンブリ最終検証は、これまで最終アセンブリに関わるトリムの数が多く複雑化していたため、従来のマシンビジョン検査では対応できず、検査担当者による目視検査が行われていました。検査担当者は、ドアトリム、窓スイッチ、ドアハンドルなどの内装部品、すべての部品が存在し、正しく組み立てられていることを確認します。色、バッジ、ヘッドライト、その他のコンポーネントを確認する外装検査も最終アセンブリで行われます。熟練の検査担当者は、異なる照明の下でラインを移動する様々な部品を特定できますが、それには時間がかかり、一貫性が保てない場合があります。

コグネックスのディープラーニングは、多数の自動車部品の外観の完成形を学習させることで、適切に配置されていない部品を識別します。検査担当者と同じように正確に行えるのみでなく、自動システムで高速かつ高い信頼性も確保できます。ユーザは、位置決めツールで、特徴を登録したコンポーネントライブラリを構築できます。このコンポーネント ライブラリには、バッジからドア ハンドルまで、さまざまなパーツを含めることができるため、ツールが画像内で検索および識別するのに役立ちます。位置決めツールで検証ステップを追加すれば、組み立てが必要なすべての部品を基に合否結果をソフトウェアから受け取ることができます。このアプローチを使用して、最終的なアセンブリ検証を自動化できるようになりました。

コグネックスのディープラーニングアセンブリ検証ガイドをダウンロード

コグネックスのアプリケーションソリューションに関する問い合わせ先:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...