AutoParts_Tall banner_02

In-Sight ビジョンシステムで回転部品の位置決めと文字読み取りを実現

Alber Gussbearbeitungs-GmbH

Industry:
自動車
    Location:
    Messkirch, Germany
      Customer Objectives:
      • Track components to ensure reliable traceability
      • Increase safety along the production line by eliminating manual tasks
      Key Results:
      • Developed fully automated finishing and testing process
      • Achieved higher quality disc brakes
      • Relieved employees of physically heavy work
      Cognex Solution:

      自動車のブレーキディスクの製造は、体力を要し、洗練された追跡要件を伴う工程です。 Alber Gussbearbeitungs-GmbH は、ディスクブレーキの仕上げとテスト工程を完全に自動化することにより、製品の高い品質を確保し、従業員を重労働から開放しました。統合された画像処理システムは、最新のOCR(光学式文字認識)処理技術でアルファベット文字を確実に読み取ります。

      現代の自動車部品メーカーは、精度の高いコンポーネントの製造だけでは満足していません。製造されるコンポーネントの多くは、トレーサビリティプロセスで完全な信頼性を確保するために追跡できなければなりません。このため、Alber では、コグネックスのIn-Sight® 画像処理システムを2台導入し、回転しているディスクブレーキ上のシリアルナンバーを読み取ることにしました。これにより、工程の安全性が高まり、従業員の重労働が大幅に軽減されました。

      作業の安全性を確保

      自動車のディスクブレーキは、12kg~20kg (26.5~44 lbs) の重さがあります。 Alber がコグネックスの画像処理技術を取り入れる前は、従業員が重いディスクをステンレス製のボックスから繰り返し持ち上げて別のステーションに移動していました。この作業には、生産ライン上の従業員に作業リスクが伴います。回転およびミルプロセスといった下流の仕上げ工程と検査が完全に自動化されたため、この問題は現在解決されました。

      このプロセスを自動化するため、自動化システムを専門とする CNC Automation Würfel GmbH は、画像処理システムを専門とする i-mation GmbH と協力して、Yaskawa Motoman MH50-35 ロボットにコグネックスのIn-Sight ビジョンシステムを設置しました。

      確実な画像処理検査

      In-Sight ビジョンシステムは、ディスク保持グリッパーのヘッドに直接設置されました。In-Sight ビジョンシステムは自動フォーカス機能と高速な画像取り込み機能を備えているだけでなく、カメラ本体に照明を内蔵しており、コンベアベルト上に置かれたディスクブレーキの場所を認識します。In-Sight ビジョンシステムは自動的に対象物の内径に合せた位置、データをロボットに送信し、数秒後にはディスク保持機構にある高性能磁石がディスクを確実につかみ取ります。

      ディスクブレーキを持ち上げた後で最初に行われるのは、シリアルナンバーの読み取りです。このステップは、ロボットがディスクを回転ディスクの上に載せ、次に、2台目のIn-Sight に内蔵されている赤色のLED照明で文字にフォーカスを合わせた後にシリアルナンバーを読み取ります。高速取り込みが可能な In-Sight ラインスキャンが、ディスクブレーキを2回転させて刻印文字を1枚の画像として取り込みます。

      刻印の種類は生産ロットによって異なるため、さまざまな刻印文字を確実に読み取ることは、i-mation の画像処理エキスパートにとって最も難しいタスクの1つでした。i-mation は、あらゆる刻印タイプを In-Sight ビジョンシステムに学習させることでこの問題を克服しました。これには、コグネックスの高性能のOCRMax™画像処理ツールと簡単操作の In-Sight Explorer ソフトウェアが使われました。

      正確な位置決め

      シリアルナンバーを読み取った後は、製品の仕上げ工程(バランスやサウンドなどの検査)があります。 最後は、ロボットがステンレス製のボックスにディスクを6枚積み上げ、木製のふたをします。ロボットに設置されたIn-Sight ビジョンシステムは、シンプルなアライメントマーク(十字)の正確な位置を検出します。

      将来の保証

      Alber にとって、完全に自動化されたディスクブレーキ処理システムとそれを実現したコグネックスの2台の In-Sight ビジョンシステムは、初めて導入されたシステムであり、生産ラインの自動化と従業員のリスク軽減に大きな役割を担いました。

      注目のコグネックス製品

      製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

      マイコグネックスに参加

      お気軽にお問合せください

      Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

      お問合わせ