News

Natick, MA, USA 12月 23, 2022

In-Sight 2800 ビジョンシステムでAIベースのパワフルなOCR機能をリリース

エッジラーニング技術により、文字読み取りアプリケーションを簡素化し、品質管理およびトレーサビリティを改善

マサチューセッツ州、ネイティック-20221222-産業用マシンビジョンのリーダーであるコグネックスコーポレーション(NASDAQ: CGNX)(以下「コグネックス」)は、In-Sight® 2800ビジョンセンサの機能を拡張し、光学式文字認識(OCR)の機能を搭載しました。新しい ViDi™ EL Readツールは、エッジラーニング技術により、反射面、低コントラスト面、非平坦面にある人間が読める文字を簡単に読み取ることができます。
コグネックスのビジョンシステム担当副社長であるLavanya Manoharのコメントは、以下の通りです。「エッジラーニング機能を備えたIn-Sight 2800は使いやすさをさらに向上し、経験レベルに関係なく誰でもAIベースのアプリケーションを実行できるようにします。ViDi EL Readは、複雑なプログラミング不要で、難しい表面の文字や複数行のテキストを同時に読み取るOCRモデルを簡単に設定することができます。」

弊社がサービスを提供するすべての業界の企業から、使いやすいOCRソリューションのご要望を頂いていました。食品飲料業界では、鮮度を確認し、消費者のリコールを防ぐために、湾曲面でも簡単に賞味期限を読み取ることができます。医療機器や製薬業界では、日付やロットコードを確認することで、ワクチンの効果や医療規格への準拠を確認することができます。また、物流施設では、さまざまな種類のパッケージに記載されたコードやテキストを解読し、正しい出荷経路を担保し、再作業を防ぐことができます。

OCRアプリケーションはセットアップに時間がかかり、高度な訓練を受けたエンジニアによる何時間ものプログラミングが必要なため、多くの企業がこの種の検査の自動化を実現できずにいます。ViDi EL Readツールを使用すれば、わずか10枚のサンプル画像で、数分でモデルをセットアップし、デバイスに直接展開することができます。検査結果の精度は信頼度スコアとして表示され、学習した各文字の下にリアルタイムで視覚的にフィードバックされるため、サプライチェーン全体にわたって信頼性の高いトレーサビリティを確保することができます。

In-Sight 2800ビジョンセンサは、複雑な分類アプリケーションを解決するために設計され、20224月に最初にリリースされました。現在、追加のツールを開発中であり、今後数カ月の間にリリースされる予定です。In-Sight 2800 の詳細については、弊社ホームページをご覧いただくか、COGNEX までお電話ください。

お問い合わせ先
コグネックス株式会社
電話:0120-301-448
Eメール:JapanMarketing@cognex.com

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が70億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ