News

Natick, MA, USA 11月 02, 2022

コグネックス、DataMan 8700LX ハンドヘルド型バーコードリーダを発売

ラベルに印字されたコードの読み取りに最適

産業用マシンビジョンのリーダーであるコグネックスコーポレーション(NASDAQ: CGNX)は、ラベルに印字されたコードの読み取りに特化した高性能ハンドヘルドバーコードリーダDataMan® 8700LXを発表しました。

コグネックスのID製品およびプラットフォーム担当副社長、Matt Moschnerは、「DataMan 8700LXは、製造現場の環境に耐えうる頑丈な設計により、工業用途に最適なラベル読み取りを実現します」と述べています。「このシステムは数分でセットアップでき、製品や部材のトレーサビリティとスループットを向上させながら、導入を効率化します。」

DataMan 8700シリーズの他モデルと同様、DataMan 8700LXは使いやすく、耐油・耐水性があり、厳しい環境下でも動作するように設計されています。本体に搭載されたOLEDディスプレイにより、PCに接続しなくても簡単にセットアップが可能、オペレータは迅速かつ直感的なフィードバックを得ることができます。DataMan 8700 ハンドヘルドリーダは、幅広い産業用通信プロトコルをサポートしており、あらゆる製造現場で効率的に使用することができます。 

DataMan 8700シリーズの他のモデルには、高速で正確なダイレクトパーツマーク(DPM)コード読み取り用に設計されたDataMan 8700DQ、最も読み取りの難しいDPMおよびラベルに印字されたコードを読み取るためのリキッドレンズ付きの高性能モデルDataMan 8700DXがあります。

DataMan 8700LXの詳細については、Cognex.com/DataMan をご覧いただくか、下記COGNEX問い合わせ先までお問い合わせください。

お問い合わせ先

コグネックス株式会社
電話:0120-301-448
Eメール:JapanMarketing@cognex.com

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が70億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ