News

Natick, MA, USA 4月 05, 2022

コグネックス、 DataMan 470を用いた 底面バーコード読み取りシステムをリリース

パッケージ底面のコードを99.9%の精度で読み取り

マサチューセッツ州、ネイティック―2022年4月 5日マシンビジョンと工業用バーコードリーダのトップサプライヤであるCognex Corporation(NASDAQ:CGNX)(以下「コグネックス」)は、DataMan® 470 を用いた底面バーコード読み取りシステムを発表しました。革新的なエリアスキャンベースの手法により、このシステムは底面にラベルが付与された荷物のコードを迅速かつ正確に読み取り、高速で複雑なマテリアルハンドリングアプリケーションがなされる小売流通やeコマースフルフィルメントセンターに理想的なソリューションです。

コグネックスの取締役副社長である Carl Gerst は、次のように述べています。「オンラインショッピングのユーザは当日または翌日の配送を求めるようになっているため、小売業者はサプライチェーンや物流チャネルを通過する注文のスループットを向上させる必要に迫られています。DataMan 470 底面バーコード読み取りシステムは、バーコード読み取り範囲を箱の底面まで広げることにより、正しい製品を正しい顧客にできるだけ早く、効率的に届けることを可能にします。

コグネックスの底面バーコード読み取りシステムは、1次元および2次元コードを従来のラインスキャン技術よりも高速に読み取ります。従来の技術では、デコード前に画像ライン全体を1行ずつ構築するため時間がかかり、荷物の移動距離が長くなります。コグネックスのリーダは、画像の取り込みと特許取得済みアルゴリズムの実行を同時に行うことで、リーダと搬送物間の距離を短縮しながら、より高速に結果を提供します。さらに、パッケージの底面までスキャン範囲を拡大することにより、読み取り率が向上し、手作業による操作や再加工のコストを削減することができます。

コグネックスの底面バーコード読み取りシステムは、コンベアの下に設置が可能で、重量はわずか約16kgです。DataMan 470バーコードリーダを使用して、荷物がコンベアの隙間を通過する際にコードを解読するシステムです。このコンパクトなシステムは、単独または多面的なトンネルの一部として、わずか30分で設置することができます。 

詳細は、コグネックスのホームページ(https://www.cognex.com/ja-jp)をご覧になるか、お電話(0120-301-448)でお問い合わせください。


お問い合わせ先
コグネックス株式会社
電話:0120-301-448
Eメール:JapanMarketing@cognex.com

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が70億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ