News

Corporate

Natick, MA 2月 13, 2020

コグネックス、最高財務責任者にPaul Todghamを指名

マシンビジョンと産業用バーコードリーダのトップサプライヤ、Cognex Corporation (NASDAQ: CGNX)は本日、ポール・トグハムが2020年3月9日付けで上席副社長兼最高財務責任者に就任することを発表しました。Paul Todghamはこの役職にて、コグネックスの世界全体の財務および組織管理を担当します。就任後はコグネックスのネイティック本社に勤務し、社長兼CEOであるロバート・ウィレットに直属します。

社長兼CEOのRobert J. Willettは、次のように述べています。「Paul Todghamは様々な大規模ビジネスにおいて財務、戦略、運営計画のリーダーとして豊富な経験を持ちます。次世代に向けて、成長と長期的な価値創造を目指すコグネックスの素晴らしいパートナーとなってくれるでしょう」。

Paul Todghamは、直近では、Levi Strauss & Company (NYSE:LEVI)に6年間在籍し、同社のグローバルサプライチェーン、流通、マーチャンダイジング、企画、デザイン、マーケティングといったチームで財務を率いるなど、様々な分野の上級管理職として中心的役割を果たしてきました。また、Levi Strauss & Companyに先立ってはRoss Stores, Inc. (NASDAQ:ROST)の財務担当副社長も務め、財務計画・財務分析、マーチャンダイズファイナンスなどの財務全般を管理していました。さらにそれ以前のキャリアとしては、Boston Consulting Groupにて、テクノロジーおよび消費者部門のクライアントに、戦略、運用、組織の問題についてアドバイスを行っていたという経験も持っています。Paul Todghamは、スタンフォード大学でMBAを、ケンブリッジ大学で経済学の修士号を、ハーバード大学で学士号を取得しています。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が70億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...