News

NATICK, Mass. USA 10月 26, 2020

コグネックス、ディープラーニング搭載のIn-Sight® D900ビジョンシステムにカラーイメージング機能を追加

複雑なインライン検査における迅速、簡単かつ費用対効果の高い自動化を実現

工業用マシンビジョンで世界をけん引するコグネックスコーポレーション(NASDAQ:CGNX、以下「コグネックス」)は、In-Sight® D900シリーズの新製品「In-Sight® D900 Color」を発表しました。In-Sight® D900 Colorは、コグネックスのディープラーニングソフトウェアを工業用スマートカメラに内蔵し、カラーイメージングが不可欠とされるインライン検査時に発生する複雑な作業を解消します。

コグネックスの画像処理製品およびID製品担当上級副社長であるCarl Gerstは次のように述べています。「カラーイメージングは、アセンブリ検証や欠陥検出において重要な機能です。In-Sight® D900 Colorは、インライン検査を迅速かつ簡単に自動化することで費用対効果を高めるだけでなく、インライン検査の対象範囲や作業の幅を広げるというコグネックスの使命も前進させます」。

CIn-Sight® D900 Colorは、検査員の自己学習能力と、画像処理システムが特長とする堅牢性と一貫性を備えています。これにより、今まで不可能だったファクトリオートメーションによる検査を行うことが可能になります。数枚のサンプル画像があれば設定でき、コグネックスの使いやすいスプレッドシートプラットフォームを採用しているため、パソコンやディープラーニングの専門知識がなくても実装することができます。

In-Sight® D900 Colorは、自動車、家電製品を含む消費者向け製品だけでなく、梱包、食品・飲料、医療機器、物流などあらゆる業界で活用できるため、「色」を利用した検査の自動化に理想的な製品です。

詳細については、https://www.cognex.com/ja-jp/products/deep-learning/in-sight-d900をご覧になるか、お電話(0120-301-448)でお問い合わせください。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が70億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...