News

Natick, MA 10月 16, 2019

コグネックス、SUALABを買収 ディープラーニングベースのマシンビジョン 分野でのリーダーシップをさらに強化

本買収により、コグネックスはディープラーニング機能を拡充。市場で難易度の高い外観検査の自動化を促進

コグネックスコーポレーション(本社:米国、マサチューセッツ州ネイティック)は、本日、韓国の大手企業、SUALABを買収したことを発表しました。

は工業用アプリケーション向けに、ディープラーニングを活用したビジョンソフトウェアを開発しています。

SUALABのエンジニアリングチームと知的財産が傘下に入ることで、2017年4月にViDi Systemsから買収した技術に基づくコグネックスのディープラーニング機能が強化されます。

コグネックスの社長兼CEO、ロバート・J・ウィレットは次のように述べています。「ディープラーニングによってコグネックスは、これまで大人数のチームで、目視で行うしかなく困難だったファクトリ内での検査ニーズに応えることができるようになりました。SUALABの貴重なIP、エンジニアリングの専門知識、市場での豊富な経験は、アジアを中心とした成長が最も著しい市場での展開に役立ちます。現在、数万の人々が、困難で面倒な、そしてエラーの多い目視検査で、電子部品およびサブシステムに傷や欠陥がないか検査しています。今後はディープラーニングベースのマシンビジョンによって、より信頼性が高く、コストの低い方法で検査することができるようになります。」

コグネックスの会長兼創設者、Dr. Robert J. Shillmanは次のように述べています。「SUALABチームをコグネックスに迎えることができ、大変うれしく思っています。コグネックスのwork hard, play hard and move fast(一生懸命働き、一生懸命遊び、迅速に動く)という企業カルチャーにも合致したチームです。

韓国ソウルに本社を置くSUALABは、2013年にSong Kiyoung氏が共同設立した企業で、Song Kiyoung氏自身もコグネックスに移り、工業用マシンビジョン向けのディープラーニングの使用を専門とする世界最大のエンジニアチームを率いることになります。

SUALABのCEO兼共同設立者、Song Kiyoung氏は次のように述べています。「SUALABでは創設以来、ディープラーニングベースの画像検査のグローバルリーダーになるという明確な目標を掲げてまいりました。この度コグネックスと一つになることでこの目標を達成することができました。そして今後一丸となって、お客様が最も複雑なビジョンアプリケーションにも高速に、簡単に、そしてコストパフォーマンスの高い方法で対応できるように、より一層、尽力したいと考えています。」

本買収に関する追加情報は、2019年10月28日、5:00 p.m.(ET:東部標準時間)に予定されている、コグネックスの第3四半期決算報告発表時にお伝えします。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が70億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

このニュースリリースにおいて、一部の記述は、過去の問題に関連するものではなく、将来の見通しに関する内容になっています。それらは、期待、予想、推測、信じる、プロジェクト、意図、計画、する、する可能性がある、するつもり、すべき、および同様の意味の言葉および似たような感覚の記述で識別することができます。これらの将来の見通しに関する記述には、ビジネスおよび市場動向、将来の財務実績、顧客の注文率、および関連する収益のタイミングに関する記述が含まれています。ただし、既知のリスクと未知のリスク、および実際の結果が予想と大きく異なる可能性のある不確実性を伴う予想される成長分野、新興市場、将来の製品ミックス、研究開発活動、投資、戦略計画、買収による期待利益、配当、株式の買い戻し、その他の税務上の問題は除きます。このようなリスクと不確実性には、以下が挙げられます。(1) 関税賦課や輸出規制の発動を含む、世界経済の現状および将来の状況、(2) 大口顧客による購入の損失または削減、(3) 家電産業や自動車産業からの収益への依存、(4) 物流業界やその他の新市場への進出失敗、(5) 国際収益の達成不振、(6) 為替相場の変動及びデリバティブ商品の利用、(7) 情報セキュリティ侵害またはビジネスシステムの中断、(8) 有能従業員の採用と維持における苦戦、(9) 成長の効果的な管理の失敗、(10) 主要サプライヤーのメーカーに対する依存と、当社の製品に重要なコンポーネントを製造し、提供することに依存すること、(11) 製品移行の効果的な管理と顧客需要の正確な予測の失敗、(12) 高品質製品の設計および製造における苦戦、(13) 現在の製品の技術的陳腐化と新製品の開発不能、(14) 製品およびサービスの配布を不適切な管理、(15) 自社独占技術と知的財産の保護失敗、(16) 時間と費用のかかる訴訟への関与、(17) 競争圧力の影響、(18) 最近のSualabの買収を含む、買収した事業の期待される成果を統合し、達成する上での課題、(19) 会社の投資、取得無形資産または営業権に関する潜在的な減損費用、(20) 追加税金負債の発生、SECに提出されたコグネックスの報告書に詳述されている他のリスク (2019年12月31日の年度末に終了する10-K様式を含む)。このような将来の見通しに関する記述に過度に依存してはいけません。コグネックスには、そのような記述の日付以降に将来の見通しに関する記述を更新する義務はありません。

連絡先:

Liz Bradley
コーポレート コミュニケーション
+1 857-891-5531
Liz.bradley@cognex.com

Susan Conway
投資家向け広報
+1 508-650-3353
Susan.conway@cognex.com

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...