ニュース

米国マサチューセッツ州、ネイティック 3月 26, 2018

コグネックス、ESD保護対応バーコードリーダを発表

静電気放電(ESD)対策と比類ない読み取り率を両立する新モデル

コグネックス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:ディディエ・ラクロワ)は本日、静電気放電(ESD)保護機能を備えたバーコードリーダのラインナップを発表しました。固定式リーダDataMan® 360、260、150、50シリーズおよび有線タイプのハンドヘルド型リーダDataMan 8050HD/HDXシリーズにESD保護対応モデルが追加されました。

静電気放電(ESD:Electro-Static Discharge、物体間で激しい放電が発生する現象)は、電子部品にダメージを与えるだけでなく、爆発や火災を引き起こす原因にもなります。コグネックスのESD保護対応バーコードリーダは、ESD対策済みプラスチック製筐体と帯電防止コーティングされた光学部品の組み合わせによって、電子部品へのダメージや経済的損害を抑えます。

コグネックスのID製品担当上席副社長Carl Gerstは、次のように述べています。「静電気放電は、エレクトロニクス、半導体、および医療機器などの幅広い業界において多額の損失をもたらしています。特にエレクトロニクス業界ではESDによる生産歩留まりや製品品質、顧客満足度への影響によって毎年何十億ドルもの損失が生じています。コグネックスは、お客様の厳格なESD対策要件に対応し、大切な電子部品へのダメージを最小化できるように、このESD保護対応リーダを開発しました。」

DataMan固定式バーコードリーダは特許取得済みの一次元および二次元コード読み取りアルゴリズムで業界をリードする読み取り率を実現し、読み取りの困難な劣化したコードでも読み取ることが可能です。DataMan 8050HD/HDX有線式ハンドヘルドリーダは、一次元バーコードだけでなく、難度の高い二次元ダイレクトパーツマーキング(DPM)コードも確実にデコードするように設計されています。ESD対策された信頼性の高い筐体により非常に過酷な工業環境においても確実なESD保護を提供します。

ESD保護対応DataManバーコードリーダは発表と同時に販売を開始いたしました。詳細については、https://www.cognex.com/ja-jp/products/barcode-readers/esd-safe-barcode-readers をご覧ください。

コグネックス株式会社

コグネックス株式会社(本社、東京都文京区)は、コグネックスコーポレーション100%出資の下、1988年に設立され、半導体、エレクトロニクス業界を中心に急成長を遂げました。コグネックス株式会社は日本市場において画像処理システムの輸入、販売、サポートを行う画像処理のトータルソリューションプロバイダであり、コグネックスグループの中で最も重要な拠点のひとつとなっています。詳しくは、Webサイト (https://www.cognex.com/ja-jp) をご覧ください。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ