ニュース

ニュースリリース

4月 18, 2017

コグネックス、新世代ビジョンシステムIn-Sight 7000を発表

何百通りもの構成が可能なモジュール設計で製造現場の要件に柔軟対応

コグネックス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:ディディエ・ラクロワ)は本日、新世代のスタンドアローン型ビジョンシステムIn-Sight® 7000シリーズを新たに発表しました。新しいIn-Sight 7000シリーズは、パフォーマンス、柔軟性、導入の容易さにおいて、飛躍的な進歩を遂げています。高速化の進む生産ラインに適応するパワフルなビジョンシステムは高速かつ高精度で検査を実行します。さらに、コンパクトなフォームファクタによって、設置スペースの限られた生産ラインにも無理なく取り付けることができます。また、In-Sight 7000は、独自のモジュール設計によって400通りもの構成を自由に組み替えることができる世界で最も柔軟性の高いビジョンシステムです。

コグネックスのビジョン製品担当上席副社長Joerg Kuechenは次のように述べています。「In-Sight 7000シリーズは、業界初のフルカスタマイズ対応ビジョンシステムです。モジュール化された照明と光学系(現場で交換可能なオートフォーカス機構を含む)を組み合わせることで、外部照明の接続はもはや不要になりました。さらに、ユーザが生産ラインの仕様を変更する際もそれにあわせてシステム構成を容易に変更でき、ダウンタイムを最小限に抑えられます。」

In-Sight 7000はIP67準拠の堅牢性とFlexible Image Technology™を備えています。画像全体を均一に照らすLEDリング照明(特許出願中)により、高価な外部照明を不要にします。アプリケーション要件にあわせて、さまざまな色の照明ユニット、光学フィルタ、偏光フィルタを現場で簡単に交換できます。さらに、CマウントおよびSマウントレンズ、工業用の機械式オートフォーカスレンズなどの幅広いオプションで高い汎用性を提供します。

従来のIn-Sightビジョンシステムと同様に、In-Sight 7000はIn-Sight Explorer™ソフトウェアで画像処理のセットアップとモニタリングを行います。このソフトウェアには、アプリケーションの設定をステップバイステップで行うEasyBuilderインタフェースと、より柔軟に制御できるIn-Sightスプレッドシートビューを搭載しています。超高速パターンマッチングテクノロジPatMax RedLine™、OCRMax™光学文字認識、およびSurfaceFX™特徴抽出テクノロジなど、パワフルなIn-Sightビジョンツールも搭載しています。

In-Sight 7000シリーズビジョンシステムは発表と同時に販売を開始いたしました。In-Sight 7000シリーズのパフォーマンス、柔軟性、導入の容易さについての詳細は、http://www.cognex.com/In-Sight-7000をご覧になるか、または infojapan@cognex.comまでお問い合わせください。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ