ニュース

即時放出

NATICK, MA, USA 4月 05, 2017

コグネックス、工業用マシンビジョン向けディープラーニング企業ViDi Systems SAを買収

コグネックスコーポレーション(本社:米国、マサチューセッツ州ネイティック)は、工業用マシンビジョン向けディープラーニング(深層学習)ソフトウェアメーカーViDi Systems SA(本社:スイス、以下ViDi)の買収を4月4日に完了したことを発表しました。

ViDiのディープラーニングソフトウェアは、画像のばらつきの予測が困難な用途でも人工知能技術を用いて画像解析能力を向上します。また、許容すべきばらつきと許容すべきでない欠陥の判別をシステムがフィードバックを活用して学習します。

コグネックスの社長兼最高経営責任者Robert J. Willettは次のように述べています。「ViDiチームは、工業用マシンビジョンに適用するディープラーニング技術の最前線にいます。ディープラーニングの専門家がコグネックスに加わることによって、コグネックスのビジョン製品で対応できるアプリケーションの幅が大きく広がることを大変喜ばしく思います。」

買収完了と同時にViDiはコグネックスのビジョン製品ビジネスユニットに加わり、ディープラーニングソフトウェアの開発を継続するとともにコグネックス製品群への統合を行います。この買収による2017年または2018年のコグネックス決算への重大な影響はないと予測されています。

ViDiは、スイスのヴィラサンピエールに拠点を置き、2012年に計算論的神経科学の博士号を持つReto Wyss博士と、スイスの製造業持株会社でビジネスインキュベータであるCPAグループにより設立されました。Wyss博士とViDiのエンジニアチームは4月4日の買収完了とともにコグネックス所属となり、同拠点で引き続き研究開発を続けます。

コグネックス株式会社

コグネックス株式会社(本社、東京都文京区)は、コグネックスコーポレーション100%出資の下、1988年に設立され、半導体、エレクトロニクス業界を中心に急成長を遂げました。コグネックス株式会社は日本市場において画像処理システムの輸入、販売、サポートを行う画像処理のトータルソリューションプロバイダであり、コグネックスグループの中で最も重要な拠点のひとつとなっています。詳しくは、Webサイト( http://www.cognex.co.jp/)をご覧ください。

 

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ