News

ニュースリリース

10月 31, 2016

コグネックス、 三次元ビジョンメーカ2社を買収

コグネックスコーポレーション(本社:米国、マサチューセッツ州ネイティック)は、三次元ビジョン部門強化のため、三次元マシンビジョンテクノロジに特化した2社を買収したことを発表しました。

2016年10月27日、コグネックスは、高度な三次元ビジョンセンサおよびソフトウェアのメーカ EnShape GmbH (本社:ドイツ、イェーナ)を買収しました。EnShapeの三次元センサには、高解像度で高速な画像取り込みを実現するエリアスキャンテクノロジ(特許取得)が使用されており、レーザラインスキャナで用いられる搬送機構が不要となります。EnShapeの高いスキルを備えた三次元ビジョンエンジニアのチームが、イェーナを拠点とする新しいコグネックスエンジニアリングセンターに加わる予定です。

また、2016年8月30日には、三次元画像処理ソフトウェアメーカである AQSense (本社:スペイン、ジローナ)の買収を完了しました。AQSenseは、フィールドテスト済み三次元ビジョンツールのライブラリと、三次元ビジョンアプリケーションのセットアップを容易にする設定ソフトウェアパッケージの開発および販売をしています。AQSenseのソフトウェアエンジニアはコグネックスの三次元エンジニアリングチームに加わりました。

コグネックスの画像処理製品(Vision Products)部門のバイスプレジデントを務めるJoerg Kuechenは、次のように述べています。「自動車、家電、物流などの業界で三次元ビジョンの需要が拡大しています。今回発表した2社の買収によって、特に経験豊富な2つのエンジニアリングチームが新たに加わり、革新的な新しい三次元製品の市場投入が加速すると確信しています。」

 

###

 

コグネックス株式会社

コグネックス株式会社(本社、東京都文京区)は、コグネックスコーポレーション100%出資の下、1988年に設立され、半導体、エレクトロニクス業界を中心に急成長を遂げました。コグネックス株式会社は日本市場において画像処理システムの輸入、販売、サポートを行う画像処理のトータルソリューションプロバイダであり、コグネックスグループの中で最も重要な拠点のひとつとなっています。詳しくは、Webサイト (http://www.cognex.co.jp/) をご覧ください。

 

メディアの皆様のお問い合わせ窓口

コグネックス株式会社
マーケティング部 惠南、鶯塚
E-mail : pr.japan@cognex.com
TEL: 03-5977-3488

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ