News

ニュースリリース

5月 05, 2015

コグネックス、 超高速サーチツールPatMax RedLine および In-Sight新製品3機種を発表

500万画素の高精細画像でハイパフォーマンスなパターンマッチングを提供

コグネックス株式会社(本社東京都文京区、代表取締役社長 井上誠)は、このたび、超高速サーチツールPatMax RedLine™(パットマックスレッドライン)を発表いたしました。
世界中に数多くの採用実績をもつPatMax® テクノロジをベースに改良された、PatMax RedLineは、高解像度の検査において最大10倍の高速化を実現、高解像度で高速な検査ラインで威力を発揮します。PatMax RedLineは、次の最新型 In-Sight® ビジョンシステム3機種に搭載されています。

  • In-Sight 5705:     世界最速の500万画素スタンドアロン画像処理システム。高速生産ラインで確実な検査を実現します。
  • In-Sight 8405:     世界最小の500万画素スタンドアロン画像処理システム。新設計の小型軽量画像処理システムで、装置のダウンサイジングに貢献します。
  • In-Sight 5705C:  世界唯一の500万画素スタンドアロンカラー画像処理システム。24ビットフルカラー画像フィルタを搭載し、困難なアプリケーションにも対応します。

画像処理アプリケーションでは対象物を確実にそして素早く検出することが重要です。高画素化の進む画像処理システムは、画素数の増加に伴って処理時間も長くなるため、アプリケーション開発エンジニアは検査精度と処理時間のトレードオフに長年悩まされていました。高解像度画像でも対象物を高速に検出するように設計された新世代のパターンマッチングテクノロジPatMax RedLineは、500万画素の撮像素子を搭載した新製品3機種の能力を存分に引き出して、高速生産ラインの期待にお応えします。

昨今、自動車やエレクトロニクスをはじめとするさまざまな業界において、広いカメラ視野から微細な欠陥を検出する難易度の高い要求が増えています。PatMax RedLineの驚異的な高速パターンマッチング性能を備えた新型In-Sight ビジョンシステムは、自動車部品の外観検査工程やロボットガイダンス、エレクトロニクス業界の広視野かつ高精度でのパーツ検査やコネクタ検査などのアプリケーションに威力を発揮します。

画像処理システムIn-Sightシリーズの詳細については、コグネックスのWebサイトをご覧ください。
■Webサイト: http://www.cognex.com/products/machine-vision/in-sight-vision-systems/
■お問い合わせ受付窓口(フリーダイヤル): 0120-005409 (平日9:00〜18:00)
■お問い合わせ(Email) : infojapan@cognex.com

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ