ニュース

2月 05, 2013

コグネックス、レーザー式スキャナシステムに代わる 超小型でパワフルな新型画像ベースバーコードリーダ「DataMan 50L」を発表

~超小型、高性能のリーダを既存の設備でも即適用可能~

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 井上 誠)は、本日、一次元バーコード読み取り専用の新型バーコードリーダ「DataMan® 50L」を発表しました。

DataMan 50Lは、大きさ23.5 x 27.0 x 43.5mmと超小型ながら、IP65(耐塵・防水)に準拠した頑強な筐体と、優れた読み取り性能を併せ持つ高性能リーダです。そのコンパクトさは、省スペースが求められる製造装置や生産ラインへの設置、使用に最適です。業界最高の読み取り率を誇る画像解析テクノロジ Hotbars™ を搭載し、一次元バーコードの読み取り専用にデザインされたDataMan 50Lは、比類ない高読み取り率を実現します。

DataMan 50Lは、これまでレーザー式バーコードスキャナの読み取り性能に問題を抱えていたお客様に、特にお勧めしたい製品です。反射の強い表面や変形する素材に印刷されたバーコードや損傷を受けているバーコード等の読み取りに威力を発揮します。
コグネックスのバーコードリーダは、その高い読み取り性能と高速性が評価され、工業用製品の生産現場だけでなく医薬、物流などの現場でレーザースキャナに代わる新しいソリューションとして採用されています。

DataMan 50Lの主な特長

DataMan 50Lには、コグネックスの画期的なバーコード読み取り技術を駆使した優れた機能が搭載されています。

  • 独自開発の “Hotbars” 画像解析テクノロジ
    損傷、歪み、ぼやけ、傷、低コントラスト等、レーザースキャナでは困難な一次元バーコードでも最高の読み取り率を実現。
  • バーコードの状態を視覚的に確認可能
    リーダが読み取った画像をそのままモニタでライブ表示し、画像を保存することも可能。「読み取り不能」時の原因を分析し、即座に工程にフィードバックすることが可能。
  • 超小型で頑強な工業用筐体
    23.5 x 27.0 x 43.5mmのコンパクトな筐体は、場所を選ばす取り付けが簡単。機械の間の狭いスペースへの設置に最適。驚くほど小さな筐体は、新しい設備だけでなく既存の設備にも簡単に取り付け可能。
    IP65(耐塵・防水)対応で頑丈な筐体は、水・粉塵・ほこり等のある環境下でも使用可能。
  • 耐久性の高い製品デザイン
    可動部のない耐久性の高いデザインは、磨耗して交換が必要となる部品がなく、レーザースキャナ式に比べ製品寿命も長く、部品交換による手間と経費を節減可能。
  • 素早く簡単なセットアップ
    焦点距離の調整が可能なレンズと内蔵型の照準機能を装備。バーコードまでの設置距離が異なる場合でもセットアップが簡単。複雑なパラメータセッティングも必要とせず、立上げ工数を大幅削減。

販売開始時期およびプロモーション

■ 2013年2月6日(水) より販売を開始します。
■ DataMan 50Lに関する詳細は、http://www.cognex.co.jp/50L.aspx をご覧ください。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ