ニュース

ニュースリリース

5月 21, 2013

コグネックス、工業用小型カメラCICシリーズを発表

~ PCにダイレクト接続可能なGigE Vision規格準拠 ~

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 井上 誠)は、本日、小型軽量の工業用カメラCICシリーズ4機種を発表しました。ケーブル1本でPCと接続できるGigE Vision規格に準拠したこれらのカメラは、業界最高性能のコグネックス画像処理ソフトウェア VisionPro® やCVL® と組み合わせて、さまざまなアプリケーションで活躍します。

CICシリーズカメラは、小型ながら鮮やかな黄色のボディーで存在感を示します。このカメラを搭載した装置や設備は、コグネックス画像処理ソフトウェアの採用を力強くアピールし、ユーザーに大きな安心感を与えます。

小型で高性能な工業用カメラCICシリーズの特長

  • 業界最高性能を誇るコグネックス画像処理ソフトウェアVisionProおよびCVLをサポート
  • あらゆる場所に設置可能なわずか29×29×42mmのコンパクトなボディー
  • お求めやすい価格のグレースケール対応エリアスキャンカメラ
  • 安価なイーサネットケーブル(最長100メートル)1本でPCにダイレクト接続
  • 長期製品保証(3年間)

コグネックス画像処理ソフトウェアVisionProおよびCVLは、特許取得済みの高性能画像処理ツールを含む総合ライブラリです。幾何学的パターン位置決め、検査、識別、測定、といった強力なアルゴリズムを搭載し、あらゆるアプリケーションに対応します。特にVisionProソフトウェアは、柔軟性のあるパワフルなPCベースの開発インタフェースを備え、難易度の高い画像処理アプリケーションでも最適なソリューションを短期間で簡単に作成、展開することができます。

解像度と速度から選択可能な4モデル

  • CIC-300 659×494ピクセル(30万画素)、120 fps、 CCD、グローバルシャッター
  • CIC-2000 1628×1236ピクセル(200万画素)、20 fps、CCD、グローバルシャッター
  • CIC-4000 2048×2048ピクセル(400万画素)、25 fps、CMOS、グローバルシャッター
  • CIC-5000R 2592×1944 ピクセル(500万画素)、14 fps、CMOS、ローリングシャッター

工業用カメラCICシリーズについての詳細は、弊社Webサイトをご覧ください。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ