ニュース

5月 31, 2012

コグネックス、 画像処理センサChecker® 向けの新たな スマートディスプレイ「SensorView® 2」を発表

~PCを使わずに画像処理センサの設定・テスト・モニタリングが可能に~

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役 島 清史)は、本日、同社の画像処理センサ Checker 向けの新たなスマートディスプレイ 「SensorView 2」 の発売を発表しました。 「SensorView 2 」を使用すれば、生産技術者(ユーザ)は 画像処理センサChecker 4G の設定・テスト・モニタリングを、あらゆる工程において PC を使わずに行うことが可能です。 

「SensorView 2」 は 、225 mm の大きなタッチスクリーンを採用しているため、工場の現場でも、見やすく、使いやすいディスプレイとなっています。 さらに、Ethernet 通信を内蔵しているため、画像処理センサChecker製品 がネットワークに接続されている場所であれば、どこにでも設置可能です。 
また、「SensorView 2」 用ソフトウェアのユーザインタフェースは、標準の画像処理センサChecker シリーズの PC 用ソフトウェアと同じなので、今までPC用ソフトウェアを使用していたユーザは、新たに使用方法のトレーニングを受ける必要は無く、すぐに使うことができます。 

今回発表した「SensorView 2」は、弊社が調査した “携帯電話のスクリーンよりも小さなディスプレイで画像処理センサを設定するのは、非常に困難だ” という現場ユーザからの意見を基に、従来よりもずっと大きな設定・操作用のタッチスクリーンディスプレイを採用しました。 

画像処理センサの最新モデル「Checker 4G7S」は、この新しい「SensorView 2」 ディスプレイを採用し、よりお求めやすい価格にて、シンプルな欠陥検査アプリケーションのソリューションを提供しています。 
「Checker 4G7S」 は、Checker 4G 製品群のハイエンドモデルと同じ解像度 (752×480)と、オプションのカラー照明およびフィルタを有し、幅広い検査用途で使用することができます。 

さらに、マシンビルダは、Checker製品のための最新のソフトウェア開発用ツールキット「Checker SDK」を使うことで 、Checker を独自のカスタム HMI(ヒューマンマシンインタフェース)に統合し、運用管理に必要なパラメータを選択することが可能となります。 マシンビルダ は、検査の統計表示、複数のChecker からの画像の表示、画像データベースの作成および作業の切り替えなどを行うこともできます。SDK を使用することで、マシンビルダ は組み立てたマシンに Checker を容易に統合することができます。 

イーサネットによる PLC 通信、多様なわかりやすい画像処理ツール、そして新たに採用した大きなタッチスクリーン ディスプレイ「SensorView 2」を備えた 画像処理センサChecker は、昨今の多忙な生産技術者のニーズに合った製品であり、多様な検査用途において威力を発揮します。 

SensorView 2、Checker 4G7S および Checker SDKについての詳細は、 www.cognex.co.jp/Checker をご覧ください。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ