ニュース

5月 22, 2012

コグネックス、 最新画像処理システム製品で POWERLINKをサポート

~POWERLINK をサポートする唯一の画像処理システム「In-Sight® 7000」~

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役 島 清史)は、本日、In-Sight 7000 画像処理システム製品シリーズに、B&R Automation 社による POWERLINK サポートを追加することで、リアルタイム Ethernet 通信機能を拡張したことを発表しました。EtherNet/IPおよびPROFINETを含む通信機能を備えた包括的なプロトコルCognex Connect™ 通信システム群に統合されたPOWERLINK 規格は、オーストリアの Eggelsberg に本拠地を置く、オートメーションの業界リーダーである B&R Automation 社のPLC (プログラマブルロジックコントローラ )に直接組み込まれることで、高速な制御を実現します。 

POWERLINK は、リアルタイムイーサネット通信用の新しい規格であり、工業用の高速オートメーション応用分野において重要となっています。In-Sight 7000 に POWERLINK を統合したことで、コグネックスは POWERLINK プロトコルをサポートする唯一のマシンビジョンプロバイダとなっています。 

コグネックスの In-Sight 7000 画像処理システムとB&R Automation POWERLINK との間の同期は、生産ラインのユーザに、より高速かつ高度に自動化されたソリューションを提供します。 

In-Sight 7000 画像処理システムでのPOWERLINK 利用についての詳細は、www.cognex.co.jp/cognexconnect をご覧ください。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ