ニュース

3月 29, 2012

コグネックス、 太陽電池産業で完全なトレーサビリティーを実現する バーコードリーダDataMan® 302を発表

~太陽光発電(PV)用ウェハー上の 難しい二次元コード読み取りに最適な青色照明搭載~

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役 島 清史)は、本日、ソーラーパネルのトレーサビリティー用途に特化した新しいバーコードリーダ「DataMan 302」を発表しました。 「DataMan 302」は、太陽光発電(PV)用ウェハー上の二次元コードを読み取るために最適な青色照明を新たに搭載しました。この高解像度(1280×1024 ピクセル)な画像ベースのバーコードリーダは、SEMI®規格 SEMI PV29-0212(2012年2月発行)に準拠しており、太陽光発電用ウェハーまたは薄膜ガラスパネル上にレーザーで刻印された難しいDPM (ダイレクトパーツマーク)や ECC-200 データマトリックスコードの読み取りに最適です。 

昨今、再生可能エネルギー分野は、製造工程の効率化を図るために、新しい技術を急速に取り入れています。このようなニーズに対応するため、コグネックスは、この分野のお客様に最高のソリューションを提供する新製品の開発に力を入れています。今回発表した「DataMan 302」リーダは、太陽電池パネル製造業において日々変化するコード読み取りへの要望やトレーサビリティーに対する強いニーズに対応するために、ソーラーパネルメーカーが求めるバーコードリーダ製品の条件を満たす優れた機能を搭載した製品です。 

■130万画素で小さなコードを広視野で読み取り 
太陽電池セルのコードは、場合によっては1mm以下と非常に小さく、刻印位置もセルによって多少ずれる場合があります。従来の30万画素程度では、小さいコードを拡大して読み取るための視野が狭くなり、位置がずれた場合に読み取りエラーやコード読み取りミスの原因になります。「DataMan 302」は、130万画素で従来と同等速度の毎秒60回の取り込みができる撮像素子を採用し、位置がずれても広い範囲でコードを読み取ることができます。 

■あらゆる状態のコードでも最高の読み取り率を実現
太陽電池産業用に開発された画像ベースのバーコードリーダ「DataMan 302」は、あらゆる状態のコードでも最高の読み取り率を提供します。コードが斜めに置かれている場合や、複数のコードを一度に読み取る(取り込み画像内に複数のコードが有る)場合でも、瞬時に確実にデコードできます。さらに、コグネックスの特許技術 2DMax+™ アルゴリズムも搭載し、印字のばらつき、クロッキングまたはタイミングパターンが損傷した二次元コードや、製造プロセスを起因とする過度なコード損傷などの読み取りにも対応します。 

■柔軟性の高いレンズオプション
工場での完全なトレーサビリティーを確保するためには、ソーラーパネルの各製造工程におけるさまざまな段階で 
マークを確実にデコードする必要があります。「DataMan 302」は、柔軟性の高いレンズオプションにより、最適なレンズの選択が可能です。同じモデルでも幅広いアプリケーション、たとえば、非常に狭いスペースにマーキングされたコードの読み取り、広い視野(FOV) での小さなコードの読み取り、ロボットでの搬送中に高速移動するコードの読み取りなどに確実に対応できます。 

「DataMan 302」ソーラーパネル用バーコードリーダの詳細は。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ