ニュース

10月 25, 2011

コグネックス、 Linux 対応の画像処理ライブラリ発表で 新市場(Linux)参入へ!

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役 島 清史)は、世界で最も売れているマシンビジョン用ツールセットであるコグネックスの画像処理ライブラリ(CVL)の Linux 対応版「CVL 7.0 CR7」を発表しました。
これにより、Linux プラットフォームを使った工作機器メーカーは、長い間 Microsoft Windows® でしか利用できなかったコグネックスのマシンビジョンツールと同じツールを利用できるようになります。さらに、Linux へ対応したことにより、重要なマシン制御アプリケーションも一層リアルタイムなパフォーマンスを実現することができるようになります。また、バージョンコントロールを求めるエンドカスタマーのオペレーションシステムのパッチやアップグレードの管理能力も格段に高まります。

「CVL 7.0 CR7」は、Linux カーネル 2.6 以降に対応し、Debian、Fedora、Red Hat、Ubuntu で動作します。XLIB グラフィックスライブラリを使って表示し、最新のGigE カメラを直接サポートします。
ユーザは、コグネックスの画像取り込み SDK を使って、USB や CameraLink などの別のカメラインタフェースを用いることができます。

<Linuxとは>
Linux は、オペレーティングシステムのアップグレードにおいてよりリアルタイム制御性を含む高速処理、正確な製造操作性など、工作機器メーカーにさまざまな利点を提供します。また、安価なエンベデッドプロセッサボードを含むさまざまなマイクロプロセッサで動作します。

<コグネックスの画像処理ライブラリCVLとは>
コグネックスで最高のパフォーマンス画像処理ライブラリである CVL は、数百以上のパワフルな画像処理ツールに対応するオブジェクト指向の C++ API が装備されています。最も要求の厳しいパフォーマンス要件を満たさなければならないプロの画像処理プログラマに適しています。PatMax®、PatInspect®、その他コグネックスのアライメント、検査、バーコード読み取りツールのほかにも、半導体、LED、太陽光発電、タッチスクリーンディスプレイ検査などアプリケーション特有のパッケージが含まれます。

<発売開始時期およびプロモーション>
■「CVL 7.0 CR7」 は、販売中です。


お客様のお問い合わせ窓口
コグネックス株式会社
マーケティングホットライン
E-mail infojapan@cognex.com
TEL (03) 5977-5409 FAX (03) 5977-5401

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ