ニュース

3月 24, 2011

コグネックス、表面検査ソフトウェアVisionPro® Surfaceの機能拡張を発表

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役 島 清史)は、本日、シート素材製品向けの表面検査ソフトウェア「VisionPro Surface」のバージョン 2.1 を発表しました。「VisionPro Surface」 バージョン2.1では、従来のVisionPro Surfaceバージョン1.0の基本機能の欠陥検出と欠陥分類に加えて、連続、または枚葉のシート素材生産工程において、クロスウェブおよびダウンウェブにおける計測による検査機能を追加しました。 
マシンビジョン業界をリードする技術を搭載したVisionPro Surfaceは、シート素材の品質検査、パターン測定、シートエッジ不良の自動検出を確実かつ正確に行うことができ、枚葉(ガラス、金属箔)及びRoll to Roll(炭素繊維、機能性フィルム)のシート素材製品のメーカーに最適な検査ソリューションを提供します。

<表面検査ソフトウェア「VisionPro Surface」とは> 
製品品質やプロセス効率に大きく影響する致命的な欠陥を検査する、使いやすい自主学習型の検査・計測ソフトウェアです。単純に欠陥を抽出処理する従来の表面検査技術とは異なり、素材の視覚的外観を検査します。使いやすいセットアップツールと視覚的なユーザーインタフェースにより、あらゆるレベルのユーザーが自動的に製品を検査できるようにしています。高度な欠陥検出ツール、分類アルゴリズム、計測ツールにより、ユーザーはさまざまなシート素材製品の検査アプリケーションを簡単に使いこなすことができます。

<VisionPro Surfaceバージョン2.1の主な特長> 
VisionPro Surface バージョン 2.1では、連続、または枚葉のシート素材において、表面欠陥検査と各種計測機能により、4パターンのオペレーション・モデルをご用意しています。

  • 使いやすい光学系セットアップツール
  • ポイント&クリックの簡単アプリケーション設定
  • 視覚自主学習型の欠陥検出・分類ツール
  • 精緻な計測ツール
  • シートのエッジ自動検出ツール
  • シート素材製品のランク付けツール
  • インターネットブラウザベースのレポートツール

PC、カメラ、入出力装置、照明、エンコーダ、ケーブルを含むハードウェアコンポーネントは、コグネックスまたは他社ベンダーから別購入することができます。

<発売開始時期およびプロモーション>
■発売中です。 
■VisionPro Surfaceに関する詳細は。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ