ニュース

即時放出

NATICK, MA, USA 12月 16, 2010

DataMan 8000はイーサネットおよび産業用プロトコルをサポートする初の携帯型インダストリアルIDリーダーです

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 島 清史)は、本日、ハンドヘルド型の次世代バーコードリーダ「DataMan 8000 シリーズ」を発表しました。工業用に新たに設計した「DataMan 8000 シリーズ」は、ハンドヘルド型リーダで業界初の内蔵型リキッドレンズテクノロジとパワーオーバーイーサネット(PoE:Power Over Ethernet)通信機能を搭載しました。

Cognex Connectは、オープンスタンダードの工業用イーサネット通信プロトコルをサポートすることにより、Cognex IDリーダーおよびビジョンシステムのネットワークを簡単に設定および監視することができます。 ネットワークデバイスとして、DataManおよびIn-Sightデバイスは、ネットワークに接続されたあらゆる端末からアクセスできます。 これは、RS-232またはUSB通信をPLCまたは中央ネットワークに変換するためにホストPCが必要ないことを意味します。 このプロトコルはまた、後で検討および分析するためにFTPサポートを通じてデータファイルおよび画像を直接アーカイブすることを可能にする。 また、DataMan IDリーダーは、ユーザー固有のGUIおよびターミナル・インターフェイスをカスタマイズするための.NETベースのコマンド・ライブラリを提供するだけでなく、簡単なコマンドライン・インタフェースを介して制御を提供します。

CognexのID製品事業部長であるCarl Gerst氏は、「業界標準のプロトコルを追加することで、PLCへの直接接続を可能にする初の唯一のハンドヘルドIDリーダーです。 「Cognex Connectを搭載したDataManリーダーは、PCの必要性を完全に排除し、工場ネットワークへの統合を簡素化し、コストとダウンタイムを削減します」

Cognex Connectの通信機能スイートは、DataMan 200シリーズの固定マウントリーダー、DataMan 8000シリーズのハンドヘルドリーダー、およびすべてのCognex In-Sightビジョンシステムモデルでサポートされています。 最も進んだハンドヘルドIDリーダーの詳細については、 www.cognex.com/8000.

MEDIA CONTACT:
Annmarie Latta
Gray & Rice Public Relations
Phone: (617) 367-0100 ext. 168
Email: alatta@gr2000.com

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ