News

4月 15, 2010

コグネックス、OEM顧客向けに バーコード読み取りと画像処理ツールを搭載した 画像エンジン 「Advantage™」 を発表

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 島 清史)は、OEM 顧客向けに、画像処理プログラマブルデバイスとして、画像エンジン 「Advantage™」 を発表しました。

画像エンジンAdvantage は、あらゆる業界で高い実績を持つコグネックスの画像処理ツールをフル装備し、特にバーコードおよび二次元コードの読み取りに最適です。また、商業および工業用の装置に簡単に組込みができ、ユーザーが照明、通信、光学系装置をコントロールしやすいように各種機能も装備しています。

現在コード読み取りに特化して画像エンジンを使用している装置メーカーは、画像エンジンAdvantage を使用することにより、画像処理でのコード読み取りに加えて、不具合検出、位置決め、部品解析といった強力な検査機能を追加できます。

<画像エンジン「Advantage」の特長>
1.バーコードおよび二次元コードの優れた読み取り性能
画像エンジンAdvantage は、コグネックスの定評ある工業用バーコードリーダと同じバーコードおよび二次元コード読み取りアルゴリズムを採用しています。パワフルなコグネックスの読み取りソフトウェアは、様々な表面上における低コントラスト、傷や欠け、反射など、難しい条件下でのバーコードや二次元コードの高速で高性能な読み取りを実現します。

2.確かな画像処理性能
コグネックスは、市販の工業用画像処理ツールの中で、最も総括的なライブラリを提供します。高精度の PatMax® 位置検出ソフトウェアは、困難な状況下でも、信頼性と再現性の高い位置検出を実現します。

3.柔軟性のある設定オプション

  • 3つの製品設定オプションをご用意しています。
    ①画像エンジンのみ
    ②画像エンジン+インタフェースボード
    ③ケース付き画像エンジン
  • モジュラーレンズデザインにより、さまざまなワーキングディスタンスと視野に対応する光学系が選択できます。
  • 外部照明への電源供給・制御を行うことができる唯一のOEM 顧客向け画像エンジンです。Advantage 画像エンジンは、外部照明を強化・制御する能力のある唯一のOEM 用画像エンジンです。

4.優れた通信機能と操作性
すべての画像エンジン Advantage には、データおよび画像通信が簡単に行える工業用のイーサネットが内蔵されています(USB と RS232 にも対応)。OEM 顧客は、コグネックスの DataMan® セットアップツール、In-Sight セットアップツール、または C++ プログラミングライブラリを使って、アプリケーションを設計・設定することができます。

※)コグネックスは、1981年から半導体業界OEM向けサプライヤとして、また、画像処理およびバーコードや二次元コードの読み取りにおいて業界をリードしてきました。また、数々の難しい画像処理における課題を解決し、高速処理やメンテナンス費用の低減に繋がる高い信頼性で実績を得ています。

画像エンジン Advantage に関する詳細は、www.cognex.co.jp/engines をご覧ください。

お客様のお問い合わせ窓口
コグネックス株式会社
マーケティングホットライン
E-mail infojapan@cognex.com
TEL (03) 5977-5409 FAX (03) 5977-5401

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ