News

9月 23, 2009

コグネックス、高速画像センサに2つの高解像度モデルを発表

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 井上 誠)は、画像センサシリーズCheckerの製品ラインナップに高解像度モデル2機種を発表しました。高速画像センサCheckerは、カメラ、プロセッサ、照明とI/Oを内蔵したオールインワンタイプで、今回発表した高解像度モデルでは、最大毎分800個の製品を検出および検査が可能です。また、工業用途IP67に準拠しており、コンパクトなボディは多機能で狭いスペースにも設置が可能です。Checkerは、製造工程のポカヨケ、高速有無検査などに投資効果の高いソリューションを提供します。今回の高解像度モデルの追加により、より広範な画像センサ用途に対応します。

■新しいChecker高解像度モデル2機種
Checkerには、PC不要でアプリケーション設定が可能なChecker 3Gシリーズと、さまざまなアプリケーションに対応するChecker 200シリーズがあります。

  • Checker 3G7 : 752 × 480 ピクセルの解像度により、従来困難であった部品の小さな特徴を検出することが可能となります。本体には高輝度の白色LED照明を内蔵し、有無センサまたは測定センサとして、最大で毎分800個の部品の検出および検査が可能です。すべてのChecker 3G モデルは、SensorView ティーチペンダントの利用により、アプリケーションのセットアップにPCを必要としません。SensorViewのOne-Click Setup 機能を使って簡単にアプリケーションの設定が可能となります。
  • Checker 272 : 752 × 480 ピクセルの解像度と本体内蔵LED照明を搭載し、さらにラダーロジック機能、エンコーダ入力による製品トラッキング機能、最大8点の拡張入出力などが追加されています。Checker 272では、有無センサおよび測定センサを同時に使用することができ、より高度なアプリケーションにも柔軟に対応します。

◆高速画像センサのCheckerファミリーには以下の2シリーズがあります。

Checker 3G シリーズ

  • 有無センサまたは測定センサのどちらかとしてアプリケーションの設定が可能
  • SensorView ティーチペンダントにより、PCによるセットアップが不要
  • 工業用途IP67に準拠した本体
  • 1分間に最大6000個の検査が可能な Checker 3G1モデルも用意

Checker 200 シリーズ

  • 有無センサおよび測定センサを同時に設定が可能
  • 拡張I/Oへの接続
  • ラダーロジック機能搭載
  • エンコーダ入力による製品トラッキング機能搭載
  • 工業用途IP67に準拠した本体
  • 検査に合わせた 6種類のモデルを用意

■発売開始時期およびプロモーション
Checker 3G7、Checker 272 ともに本日より発売開始します。
製品詳細については、http://www.cognex.co.jp/checker をご覧ください。

お客様のお問い合わせ窓口
コグネックス株式会社
広報宣伝部 マーケティングホットライン
E-mail infojapan@cognex.com
TEL (03) 5977-5409 FAX (03) 5977-5401

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ