ニュース

2月 20, 2007

コグネックス、世界最小クラスの高性能IDリーダを発表

DataMan 100 - シンプルなバーコードから困難なDPMマークまで幅広く対応

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 中村 晃)は、本日、固定式IDリーダDataMan® 100を発表いたしました。DataMan 100は、携帯電話よりも小さなパッケージでありながら、印刷されたバーコードはもちろん読み取りの困難な2Dダイレクトパーツマーク(DPM)にまで対応する強力な読み取り能力が特長です。

新製品DataMan 100について、コグネックスコーポレーション(米国)のIDプロダクト担当上席副社長ジャスティン・テスタは次のように述べています。「DataMan 100は、あらゆる固定式読み取りアプリケーションにおいて強力な読み取り能力を提供する一方、初めてでも短時間でセットアップできるように設計された非常に使いやすい製品です。印刷されたコードからダイレクトマーキングされたコードまで高い読み取り率を発揮し、どんなに速い生産ラインにも追従する高速性はまさに注目に値します。」

DataMan 100は、IDQuick™ソフトウェアを搭載しています。これは高品質なコードを超高速で読み取るためにコグネックスが新開発したデコーダです。一方、最も困難なダイレクトパーツマークを読み取るために、受賞歴のあるIDMax™を搭載したモデルも用意しております。どちらのモデルも、統合照明、ブザー、ワークディスタンス調整機能、エイマ(照準機能)、トリガボタンを装備し、容易にセットアップすることができます。

自動車、パッケージング、エレクトロニクス、医療機器、製薬業界など、バーコードや2Dコードのマーキングされたアイテムを識別する製造ラインにDataMan 100は最適です。これらの用途に限らず、コンパクトなデザインの本機は、ラベルプリンタ、臨床用分析装置、マーキング装置、およびドキュメントハンドラ等の限られたスペースのアプリケーションでも理想的な製品です。

DataMan 100は、JAN、EAN、UPC、Code 39、Code 128、Code 93、Interleaved 2 of 5、データマトリックス、QRコード、マイクロQRコードの読み取りをサポートしています。

コグネックス株式会社は本プレスリリースをもってDataMan 100の受注を開始いたします。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ