ニュース

3月 01, 2007

コグネックス、ハンドヘルド型2Dコード検証機を発表

DataMan 7500V - ダイレクトマーキングおよび印刷された2Dコードの品質を検証

コグネックス株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 中村 晃)は、本日、ハンドヘルド型の2Dコード検証機DataMan® 7500Vを発表いたしました。DataMan 7500Vは、ダイレクトマーキングや印刷された2Dコードの品質を正確に検証する装置として、初めてハンドヘルド型を実現しました。トレーサビリティープログラムを実施している自動車、航空宇宙、エレクトロニクス、ヘルスケア、防衛産業などのメーカーに必須となる製品です。

新製品DataMan 7500Vについて、コグネックスコーポレーション(米国)のIDプロダクト担当上席副社長ジャスティン・テスタは次のように述べています。「多くのメーカーは2Dコードの品質を手軽に検証できるハンドヘルド型の装置を必要としています。固定式の検証機では大きな検査対象物に対応していなかったり、場合によっては検証機の設置そのものが困難だったりする問題があるからです。残念ながら、従来の標準規格や検証技術ではこれらの問題を解決することが不可能でした。そこでコグネックスは、均一な照明とワークディスタンスを確実に保証し、さまざまな種類のパーツにおいて信頼性のある一貫したパフォーマンスを実現する、唯一のハンドヘルド型検証機DataMan 7500Vを開発しました。」

DataManハンドヘルド型検証機は、AIM(Association for Automatic Identification and Mobility: 自動認識モビリティ協会)のダイレクトパーツマーク(DPM)品質ガイドラインDPM1-2006に準拠しています。この新しいガイドラインは、DPMトレーサビリティーアプリケーションに使用されるさまざまなマーキング方法やパーツの表面を考慮した初めての業界標準規格です。この規格は、検証プラットフォーム、製造環境、業界が異なっていても一貫したコード検証結果が得られることを保証しています。

DataManハンドヘルド型検証機は、ケーブル接続タイプのDataMan 7500Vと、コードレスタイプのDataMan 7550Vの2モデルを用意しております。

コグネックス株式会社は、本プレスリリースをもって両製品の受注を開始いたします。

コグネックスについて

コグネックスコーポレーションは、すべてにおいて見たことから判断する人間同様の能力を持つ人工知能 (AI) 技術を採用している幅広い画像処理式製品を設計、開発、製造、販売しています。コグネックスの製品には、マシンビジョンシステム、マシンビジョンセンサ、バーコードリーダなどがあり、世界中の工場や流通センターで使用され、生産および配送エラーを排除するのに役立てられています。

コグネックスは、1981年の創業以来200万台以上の画像処理式の製品を出荷し、累積収入が60億ドルを超えるマシンビジョンシステム業界におけるワールドワイドリーダーです。コグネックスは、アメリカのマサチューセッツ州ネイティックに本社を置き、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、およびアジアで事業を展開しています。詳しくは、コグネックスのホームページ(www.cognex.com)をご覧ください。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ