会社

コグネックス取締役会

コグネックスコーポレーションの取締役会は、企業の長期的な戦略を設定し、主要な投資決定を監督し、経営陣の意思決定に責任を負うことによって、株主に利益を提供します。当社の取締役会は現在、8名の取締役で構成されています。取締役の1人であるRobert J. Willettはコグネックスの執行役員であり、Patrick A. Aliasはコグネックスの非常勤の役員です。残りの役員は、NASDAQ Stock Market LLCの上場基準に定義される「独立」取締役です。

Anthony Sun、Venrock Associatesの前総務本部長
Sun氏は、2021年5月にコグネックスの創設者Robert “Bob” Shillman博士が退任後、その後任として取締役会会長を務めている。同氏は、1997年から2010年まで、ベンチャー投資企業Venrock Associatesの総務本部長とCEO(最高経営責任者)を兼任。1979年にVenrockに入社し、1980年から1997年まで総務部長役職を務めた。1982年からコグネックスの取締役を務め、会長に就任する前は筆頭独立取締役を務める。また、いくつかの民間企業の取締役会役員も兼任している。マサチューセッツ工科大学で工学の学士号と修士号を取得し、ハーバード大学で経営学修士号を取得している。

Patrick A. Alias、コグネックスコーポレーションの上級副社長
Alias氏は、1991年から2005年4月までコグネックスの国際営業販売部の部長を務め、その後2005年4月からコグネックスの上級副社長に従事。過去3年間、コグネックスの物流事業の拡大とディープラーニング技術の支援に関与。コグネックス入社以前は、20年以上ヨーロッパ、日本、米国のハイテク企業の管理職を務めた。2001年にコグネックスの取締役に就任。電子工学、数学、経済学の修士号を取得。ハーバードビジネススクールの経営者養成プログラムを卒業。

Theodor Krantz、Airmar Technology Corporationの前副社長兼CFO(最高財務責任者)
Krantz氏は、2011年から2018年に引退するまで、海洋および産業向け超音波センサの大手Airmar Technology Corporationの副社長およびCFO(最高財務責任者)を兼任し、2000年から2011年までは、Airmar Technology, Inc.で社長を務めた。1984年から1999年にはVelcro Industriesの社長を務めた後、同社のCEO(最高経営責任者)に就任。2007年からコグネックスの取締役を務める。Hitchiner Manufacturing Companyの取締役会および監査委員会の役員を14年以上務めている。2002年から2021年までは、ControlAir, Inc.の取締役会および監査委員会の役員も務めた。プリンストン大学で文学士号、ハーバード大学で経営学修士号を取得。

Sachin S. Lawande、Visteon Corporationの社長兼CEO(最高経営責任者)
Lawande氏は、2015年より、自動車運転席用電子製品の世界的な技術サプライヤーであるVisteon Corporation(VC)の社長およびCEO(最高経営責任者)を兼任。以前は、当時独立公開企業であったHarman International Industries, Inc.(HAR)に10年間勤め、同社最大の部門の社長を含め、幅広い指導的地位を歴任し、約30億ドルの年間売上に貢献。2015年以降、NASDAQ上場企業であるVisteon Corporation(VC)の取締役を務めている。2015年から2020年8月まで、DXC Technology Company(DXC)の取締役も兼任。2021年1月1日にコグネックスの取締役に就任。ボンベイ大学(現ムンバイ大学)で理学士号、南イリノイ大学エドワーズビル校で電気電子工学の修士号を取得。

Dr. John T.C. Lee、MKS Instruments, Inc.の社長兼CEO(最高経営責任者)
Lee博士は、2020年以降、高度処理と生産性の改善を実現する技術のグローバルプロバイダーであるMKS Instruments, Inc.(NASDAQ:MKSI)で社長兼CEO(最高経営責任者)を務め、約30億ドルの年間売上に貢献している。それ以前は、2007年の入社以降、幅広い進歩的な指導的地位を歴任し、2016年から2019年まではCOO(最高執行責任者)を務めた。以前は、Applied Materials、Lucent Technologies、AT&T Bell Labsなど、様々な先進的な技術企業に勤務。現在、MKSの取締役(2020年以降)とMassachusetts High Technology Council(マサチューセッツハイテクノロジーカウンシル)の副会長および取締役会執行委員会の役員(2021年以降)を兼任。2022年5月4日にコグネックスの取締役に任命された。プリンストン大学で化学工学の理学士号、マサチューセッツ工科大学で化学工学の理学修士号(M.S.C.E.P.)および博士号を取得。

Dianne M. Parrotte、独立コンサルタント、医学士(M.D.)、公衆衛生学修士(M.P.H.)
Parrotte博士は、1995年から独立コンサルタントとして、企業、法律事務所、保険会社における従業員の健康とウェルネスに関する人事問題に従事。それ以前は、Bath Iron Works(後にGeneral Dynamicsが買収)で労働衛生担当チーフ、Polaroid Corporationのオンサイトメディカルディレクターを務めた。2018年からコグネックスの取締役を務め、コグネックス設立当時の1981年から1982年まではコグネックスの役員を務めた。ウィスコンシン医科大学で公衆衛生学修士号(M.P.H.)、ボストン大学医学部で医学士号(M.D.)、ボストン大学で文学士号を取得。また、ペンシルベニア州立大学エグゼクティブプログラムを修了。

Marjorie T. Sennett、Farallon Capital Management, LLCの前マネージングディレクター
Sennett氏は現在、糖尿病患者の転帰改善に取り組む民間団体であるThe diaTribe Foundationの取締役会役員および監査委員会委員長を務めている。2014年から2018年まで、パフォーマンスマーケティングテクノロジー企業であるQuinStreet, Inc.(NASDAQ:QNST)の役員および監査委員会の委員を務めた。ビジネスインサイダーにより「企業の取締役会に追加すべき金融業界の20人の女性」の1人に指名されたSennett氏は、以前Farallon Capital Management, LLCのマネージングディレクターを務め、公開有価証券の投資を8年間担当。それ以前は、eGroups, Inc.でCFO(最高財務責任者)として当時上場企業であったYahoo! Inc.に対する同社の販売を共同で指揮し、Amylin Pharmaceuticals, Inc.では同社の新規株式公開と複数の追加公募を指揮した。2021年11月3日からコグネックスの取締役に従事。ヴァンダービルト大学で文学士号を取得、スタンフォード大学で経営学修士号を取得。

Robert J. Willett、コグネックスコーポレーションの社長兼CEO(最高経営責任者) 
Willett氏は2011年以降、コグネックスのCEO兼取締役を務めている。2008年にモジュラビジョンシステム部(MVSD)の部長としてコグネックスに入社し、2010年に社長兼COO(最高執行責任者)に昇進。工業用制御およびテクノロジー業界の大手メーカーであるDanaher Corporationで製品認識事業グループの事業開発および技術革新担当副社長を務めた後にコグネックスに入社。それ以前は、コーディングおよびマーキング製品の大手メーカー、Videojet Technologyの代表取締役を経験。現在は、ニューヨーク証券取引所に上場している株式公開企業、Clean Harbors, Inc.(CLH)の役員に従事。ブラウン大学で文学士号を取得、エール大学で経営学修士号を取得。



製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ