ブログ

エレクトロニクス OEM がコグネックスを選ぶ理由

OLED おyぼい LCD ディスプレイメーカーは、かつてない課題に直面しています。ミクロンレベルの精度の要求にどう対処するか?故障時間を減らし、機械の稼働率を高めるにはどうするか?製品の耐用年数が非常に短く、品質基準が高く、多額の人件費と設備投資が必要となることから、エレクトロニクスの OEM および機械メーカーは、最も困難な自動化アプリケーションにコグネックスのビジョンテクノロジを導入しています。マシンビジョンテクノロジは、高精度 OLED/LCD ディスプレイモジュール製造において欠かせない要素です。信頼性の高いマシンビジョンシステムバーコードリーダ、ビジョンガイドロット (VGR)、マルチカメラアアライメントソリューションが揃ったコグネックスは、OEM および機械メーカーが必要とする厳しい品質と生産基準を満たすパワーと柔軟性を提供します。

特に、ディスプレイメーカーとその機器サプライヤーは、高精度アライメント計測機械加工などのコグネックスの技術を、事前アライメント、ラミネート、ボンディング、スクリーン印刷、カバーガラスアセンブリプロセスなどの主要要素に採用しています。

計測

OLED 計測:

コグネックスは In-Sight ビジョンシステムおよびAlignPlus ソリューションの両方で、CPK 測定の計測ツールを提供しています。In-Sight システムと AlignPlus は、カメラの視野に入る必要がない特定の特徴に基づいてパーツのアライメント精度を測定します。これらの機能は 100% のインライン CPK 測定をサポートしており、エラーが拡散する前に OEM 企業がエラーを捕捉するのに役立ち、オフラインの検査ステーションの必要性を除去します。

ゴールデンポーズアライメント

ゴールデンポーズアライメント:

コグネックスは、高精度のマルチカメラソリューション AlignPlus を使用して、カバーガラススクリーン印刷と事前アライメントに不可欠な電子ハードウェアおよびOLEDディスプレイメーカーにゴールデンポーズアライメント機能を提供しています。AlignPlus は、自動キャリブレーションテクノロジと組み合わされた PatMax や LineMax などのツールを装備した1つまたは複数のカメラから確実な特徴位置を取得することによりコンポーネントを事前登録されたゴールデンポーズに合わせます。取得した結果は、精度がミクロンレベルの既定ポーズアライメントを得るために、キャリブレートされたモーション座標に変換されます。

相対ポーズアライメント

相対ポーズアライメント:

コグネックス AlignPlus は、AlignPluss の統合マルチカメラモーションステージを使用して、互いに相対的に 2 つのコンポーネントを整列させることもできます(相対ポーズアラインメント)。これは、OLED フロントエンドパネルの製造、ラミネーション、ボンディング、カバーガラスアセンブリの際に重要です。ゴールデンポーズアライメントと同様に、AlignPlus は PatMax と LineMax ツールを使用して確実に特徴の位置を取得し、オートキャリブレーション技術と組み合わせて、キャリブレーションされたモーション座標に変換し、マイクロンレベルの相対的なポーズアライメントを行います。

VGR によるマシンテンディング

ビジョンガイドロボットによるマシンテンディング:

ビジョンガイドロボットは、パネル生産やラミネーションを1台で行う機械加工の複雑なアライメントを実現します。コグネックスは、ビジョン誘導ロボット (VGR) — 自動ハンドアイキャリブレーションを装備した独創的なシングルカメラのガイダンスソリューションにより、OLED ディスプレイ製造のマシンテンディングの課題を解決します。VGR はパーツとテストネストの両方の特徴の位置を抽出し、さらに特徴の位置をコグネックス自動キャリブレーションと組み合わせて、パーツを正確にロードおよびアンロードします。

電子ハードウェアおよびディスプレイ OEM がコグネックス製品を使用して機器の性能を高めている理由については、無料ガイド「OEM および機械メーカー向けエレクトロニクス産業ソリューション」をダウンロードしてください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...