ブログ

ビジョンセンサとビジョンシステムの違いは何か

Vision sensors vs system Large

ビジョンセンサとビジョンシステムの違いは基本的なことです。

ビジョンセンサは、生産ライン上の単純な合否判定に特化した検査を行います。ビジョンシステムは、自動化された工場でロボットアームが部品を溶接するなど、複雑な工程を支援することを行います。

マシンビジョンセンサは、カメラのセンサから光波を取り込み、デジタル信号プロセッサ (DSP) と協力して光のデータをピクセルに変換し、デジタル画像を生成します。ソフトウェアはピクセルパターンを解析して、撮影された対象物に関する重大な事実を明らかにします。

 

生産の自動化とは、生産ラインに組み立てを行うロボットを置いたり、スマートフォンを使用するという意味ではありません。多くの工場自動化タスクに必要なのは、シンプルで単純なビジョンセンサのデータです。

  • 有無 (あり/なし)。センサの視野内に部品があるか?センサの回答が「ある」であれば、マシンビジョンソフトウェアが「OK」を返し、部品を生産工程の適切な場所に移動します。
  • 検査。部品に損傷または欠陥があるか?センサが欠陥を発見すると、その部品は生産ラインから取り除かれます。
  • 光学式文字認識 (OCR)。部品に特定の単語や文字が含まれているか?この質問の答えによって、自動システムは製品をブランド名や製品内容で仕分けできます。

コグネックスのマシンビジョンシステムは、複数のセンサを使用して、これらの基本的なタスクにさらに難しい条件を付けて処理します。

  • ガイド/アライメント: 部品が正確な位置または位置合わせを必要とする場合、ビジョンシステムはセンサを使用して正しい部品を識別し、必要な場所に正確に配置します。
  • コード読み取り:パッケージと個々のコンポーネントのコードには、完成品の仕分けや生産プロセス内の部品を区別する重要なデータをビジョンシステムがリアルタイムで取得します。
  • 計測/測定:センサで、機械加工された部品が適切な寸法に切断されることを確認します。
  • 三次元画像生成:センサは部品や製品の三次元画像を作成します。これらの画像は、検査の自動化や、ロボットに部品のピックアップおよび配置の場所を伝えるのに役立ちます。

ビジョンシステム

すべての企業は、シンプルなビジョンセンサが必要なのか、より高度なビジョンシステムが必要なのかを決定する必要があります。ビジョンセンサは、設置と実装が容易なため、工場の担当者は、通常、外部からの多くの支援を受けずに設置して構成することができます。画像処理に簡単な合否判断のみが必要な場合、ビジョンセンサさえあれば十分かもしれません。

一方、ビジョンシステムの場合は、構成、設置、トレーニングに経験と多少の時間と投資が必要です。ほとんどの場合、企業はビジョンシステムの設置において深い専門知識のある外部のインテクレータに依頼します。

マシンビジョン分野のすべての企業は、マシンビジョンセンサとシステムの違いを定義する独自の方法を持っています。例えば、コグネックスは、食品加工における品質管理など、特定の種類のタスクを実行するビジョンセンサを構築します。コグネックスのビジョンシステムは、高度なソフトウェアと工業用の頑丈なカメラを組み合わせて、幅広い工場オートメーションアプリケーションを可能にします。

ビジョンシステムとビジョンセンサを区別する1つの方法として、瓶詰め工場のコンベアベルト上の何百ものビール瓶を想像してください。ビジョンセンサは、すべてのボトルにキャップがあることを確認できます。キャップがある場合、ボトルは承認され、パッケージに送られ、別のセンサはすべての6パックに6本のボトルがあることを確認します。

しかし、瓶詰め会社は、ボトルキャップが特定の角度を超えて歪んでいないか確認したいと思うかもしれません。または、6パックのビール品種が誤って混合していないか確認したいと考えるかもしれません。その場合、ビジョンシステムが必要です。

お問い合わせ

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...