ブログ

ビジョンセンサ: マシンビジョンによる自動化の事例

machine vision camera lens up close behind checkmarks and x's

毎日製造および検査される数十億の製品のうち、何らかのファクトリオートメーションが関与せずに作られているものはほとんどありません。現代の製造には、高い品質管理基準が求められています。手動検査は遅く、エラーが起こりやすく、製品サイズ、スペースの制約、照明条件、高速な生産ライン速度などの制限があります。一方、自動検査はスループットを最大化し、品質を向上させ、製造コストを削減します。ほとんどのメーカーの製品は、繰り返し検査に適しているため、センサなどの自動機械を使用しています。センサは処理が速く、客観的で、継続的に作動します。1分間に数百または数千の部品検査を一貫性および信頼性の高い検査結果を実現します。

しかし、すべてのセンサが同様に製造されている訳ではありません。低価格光電センサは、位置検証や基本集計などシンプルなタスクのみを実行できますが、パターンや色を判別できません。また、固く固定されているため、ほとんどのワークセルで共通する位置ずれやばらつきにも対応できません。ビジョンセンサは、柔軟性を高め、1つの画像内で複数の検査タイプを実行し、品質とプロセスの改善に役立つ豊富なデータを追加生成します。

市場にある別のタイプのセンサと比較して、ビジョンセンサは、メーカーが実行できる簡単な検査の種類を大幅に拡大し、単純な部品の存在有無を確認する以上の情報を提供します。ビジョンセンサは、ターゲットごとに複数の要素を検査し、色を区別し、不整列や計画的な変動にうまく対応できます。欠陥を減らし、生産量を高めることにより、マシンビジョンセンサは、オペレーションの合理化と収益性向上の手助けをします。幅広い画像処理ツールを使用して、ターゲットごとに複数の検査を実行できるようにすることで、ビジョンセンサはサイクルタイムを短縮し、下流の製品品質を改善することができます。

コグネックスのビジョンセンサは、お客様の環境、リソースの制約、特定のツールのニーズに応じて対応します。1分間に最大 6,000 個の速度で処理できるコグネックスのビジョンセンサは、実績の高い In‑Sight ビジョンツールとの強力な組み合わせ、簡単な設定環境、柔軟性のあるモジュラデザインにより、価値、使いやすさ、柔軟性において新しい基準を設定しています。In-Sight 2000 シリーズのビジョンセンサは、狭い場所に設置可能なインラインおよび直角取付に対応できるコンパクトな構成です。現場で交換可能な内蔵照明と照明調整により、アプリケーション要件に対応し、外部照明のコストを排除します。簡単に素早くアプリケーションが設定できる In-Sight Explorer EasyBuilder インタフェースなら、初心者でもあらゆる生産環境で信頼性の高い検査を実現することができます。In-Sight 2000 ビジョンセンサは、マシンビジョンアプリケーションの構成と保守に世界で最も広く使用されている環境である In-Sight Explorer ソフトウェアが装備されています。

コグネックスのビジョンセンサの詳細については、無料ガイド「ビジョンセンサ入門:マシンビジョンによる自動化の事例」をダウンロードしてください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ