ブログ

ビジョンシステムのコンポーネント

製造業の自動検査において重視されるのは、スループットの増加、高品質、低コストです。手作業の検査は時間がかかり、人為的ミスの可能性があるだけでなく、時には製品の大きさ、照明の条件、高速ラインなどの要因により手検査そのものが実現不可能な場合もあります。ほとんどのメーカーは、繰り返し検査作業が多いため、自動マシンビジョンを使用しています。マシンビジョンは、客観的な高速処理を継続して行います。システムは、1分間に数百または数千の部品を検査し、常に一貫性と信頼性の高い検査結果を提供します。マシンビジョンは、プロセス制御と下流の改善のためのデータを収集することもできます。

そのため、マシンビジョンに対するビジネスニーズは高まるものの、マシンビジョンプラットフォームに適したコンポーネントの選択は難しくなっています。通常、適切なマシンビジョンプラットフォームは、開発環境、機能、アーキテクチャ、コストなどのアプリケーション要件に基づいて選択されます。マシンビジョン実装プラットフォームの構造は異なり、PC ベースのシステム、三次元および複数台のカメラを使った二次元アプリケーション用に設計されたビジョンコントローラ、スタンドアロンのビジョンシステム、簡便なビジョンセンサ、画像処理式バーコードリーダなどで構成されます。

マシンビジョンシステムの主要コンポーネント

ここでは、照明、レンズ、画像センサ、コントローラ、画像処理ツール、通信プロトコルなど、マシンビジョンシステムの多くのコンポーネントを見ていきます。これは、バイヤーが情報に基づいた選択を行うのに役立ちます。

照明:照明は検査対象のパーツを照らして、特徴を際立たせ、カメ ラからはっきりと見えるようにします。

レンズ:画像を取り込み、光の形でセンサに提供します。

画像センサ:光をデジタル画像に変換し、その後、画像をプロセッサに送信して分析します。

ビジョン処理ツール:分析用に画像を処理・最適化、画像をレビューして必要な情報を抽出、アルゴリズムを使用して必要な検査を実施し、関連する判断を下します。

通信:ディスクリート入出力信号、あるいは情報を記録または使用しているデバイスにシリアル接続経由によって行われます。

照明モジュール、センサ、プロセッサなど、マシンビジョンのハードウェアコンポーネントの大半は、商用オフザシェルフ (COTS) 機器を使用できます。マシンビジョンシステムは COTS を使って構成するか、または1つのデバイスにすべてのコンポーネントが入った統合システムを購入することができます。

コグネックスは、エンドユーザー、OEM、システムインテグレーターのニーズに対応するコンポーネントと統合システムを提供します。製品を閲覧するか、「ビジョンシステムコンポーネントの概要ガイドをダウンロードしてください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...