ブログ

高速、正確、直感的な寸法測定テクノロジ

郵便物の寸法測定は、スペース最適化戦略や寸法を基準とした価格設定の一環として、Eコマースおよび物流業界にとって重要になっています。VDC Research の報告によると、倉庫および物流業界に働く回答者の 43% は現在、郵便物および梱包箱の寸法測定に携わり、今後寸法測定業務にはさらに 30% が加わる予定なっています。このような企業は、時間がかかり、時には精度が劣る手動測定を避けるために自動寸法測定ソリューションを導入しています。そのため、貴重なスペースを節約し、コストを削減することができる特定の梱包箱オプションの使用を荷主に強制することがあります。

では、あらゆる形状の物品に対して三次元および二次元のモーション対応スマートカメラを寸法測定に使用することは、物流や荷物扱い業務において何をいみするのでしょうか?たとえば、出荷コストをより正確に見積もり、保管密度を最適化し、登録された商品を追跡し、製品を効率的に仕分けし、失われた収益を回復し、最終的には手動による寸法測定を大幅に排除できることを意味します。

これらすべてのメリットを活用するには、特許取得済みの三次元技術と二次元検査機能を対象物の正規形状と不規則形状の両方を検査する機能と組み合わせて、高速かつ正確な寸法測定ができる寸法測定システムが必要です。このシステムには、不均一な移動、速度変化、またはコンベアの湾曲などの影響を受けず、判別が難しい対象物の表面形状も確実に判別できる必要があります。コグネックスの新しい 3D-A1000 寸法測定システムなら、コンパクトで工業規格に遵守したスマートカメラですべてに対応します。

3D-A1000 配送と空港手荷物取り扱い (ABH)

従来の方法とは異なり、3D-A1000 は特許取得の三次元シンボリック照明技術を採用して1回の画像にモーションを取り込みます。これにより、より正確な三次元ポイントクラウドデータが生成されるため、複雑な居アリ部レーションやエンコーダ組み込みが必要なくなります。埋め込み処理により、パワフルなコグネックスのビジョンツールを使用して三次元+二次元検査を追加で実行できます。

その他のメリット:

  • プラグアンドプレイの工場校正済みシステム
  • 立体および不規則形状でも 5 mm (0.2”) 以下の寸法測定精度
  • 動体対応高速スナップショット技術、エンコーダ不要
  • アプリケーションアシスタンスとパフォーマンスフィードバック
  • DataMan バーコードリーダ読み取りトンネルとの容易な統合
  • 直感的な設定ウィザードによる簡単なインストール

物流、倉庫、空港手荷物取り扱いにおいて高速、正確、直感的な寸法測定を実現する新しい三次元+二次元対応スマートカメラの詳細をご覧ください。3D-A1000 寸法測定システムのデータシートをダウンロード

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...