ブログ

検索の向上:コグネックスが開拓した幾何学的パターンマッチング

PatMax AlignPlus Whitepaper Blog Large

高い歩留まりを達成するため、エレクトロニクス ハードウェアおよび OLED および LCD のディスプレイ製造業者は、アセンブリラインを強化する自動化装置に最高の精度と精密性を求めていました。小型化エレクトロニクスの世界では、仕様に適合する製品の割合は、正確な部品配置に大きく依存しています。必要な精度と速度で、これらのコンポーネントを配置、調整、誘導し、エレクトロニクス機器メーカーが生産目標を達成するのに役立つのはマシンビジョンだけです。

カメラモジュールをハウジングに移動する簡単なガイダンスから、ピクセルマスク層の OLED パネルへの高精度な位置合わせまで、エレクトロニクス製造アプリケーションでまず重要なステップは、カメラの視野内でオブジェクトを見つけることです。製造されているデバイス全体よりもかなり小さい重要な寸法を扱う OLED および LCD ディスプレイメーカーにとって、オブジェクトの位置決めは非常に難しい課題でもあります。

コグネックスは、エレクトロニクス部品メーカー (OEM) とディスプレイメーカーがオブジェクトの位置決め方法を再定義する一連の進歩を達成させました。コグネックスは、正規化された相関に基づいて、最初の商業的に実行可能な「検索」技術を導入することにより、過去のブロブ分析とバイナリテンプレートマッチングを移動するのに役立ちました。この技術革新は、後にメーカーによるハードウェアとデバイスを組み立てる方法を変えた幾何学的パターン検索の発展を促す準備となりました。

1997年、コグネックスはマシンビジョンアプリケーション用に初の幾何学パターン検索アルゴリズムである PatMax® を導入しました。幾何学模様のマッチングは、シェーディングとディスクリートグリッドに関係なく、オブジェクトを幾何学的形状として表現することで、正規化された相関の限界を克服しました。幾何学パターン検索方法は、ディスプレイ、アセンブリ、およびその他の電子部品の主要な特徴、パターン、およびフィデューシャルを検索する最良の方法です。現在、幾何学パターン検索に基づくマシンビジョンシステムは、電化製品の製造工程全体に使用され、OLED スクリーンの電極と有機層の位置合わせから、モジュールアセンブリにおける電子部品と接着剤の正確な配置まで、あらゆるものに対応しています。マシンビジョン市場には他の幾何学的パターン検索アルゴリズムがありますが、コグネックスの PatMax は、その優れた確実性、信頼性、精度から、電子機器アライメントアプリケーションにおいて推奨されるツールとなっています。

コグネックスが幾何学パターンマッチングの進歩をどのように進めてきたかの詳細については、無料ガイド「電子機器メーカー向けの高度なサーチ/位置決めアルゴリズム」をダウンロードしてください。

今月末のコグネックスブログでは、関連するコグネックスのその他のイノベーション、たとえば、最も競争力のあるエレクトロニクスメーカーや OEM の成功を支援している、ライン/エッジ検索アルゴリズムとキャリブレーション技術が紹介されます。是非ご覧ください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...