ブログ

自動車アプリケーション向け三次元画像処理ソリューション

Body in white car with screenshots of 3D-L4000 inspection software

製造では、品質を維持または向上させながら高速作業することが、競争力を維持する鍵です。自動車業界は、最初の組み立てライン以来、コストとスピードが関連しています。現代の高速生産ラインでは、数分が数百万ドルの利益、あるいは数百万ドルの損失を意味します。

自動車が複雑化し、接続され、規制が強化されるのに伴い、自動車メーカーは、ボトルネックを回避しながらビジネスを保護し、プロセスや材料を検査して顧客を保護することが不可欠になりました。幸いなことに、スマートカメラと高度なソフトウェアは、協力してこれらの課題を解決することができます。次の例は、自動車検査システムと三次元マシンビジョンソリューションを統合して、特定の要件を満たし、製造品質を向上させる方法を示しています。

タイヤ検査

タイヤメーカーは、多くの課題に直面しています。タイヤ検査では、ウェブ、オーバーラップ、その他の欠陥を検出します。複雑な形状や高さ検査は、特に黒色のゴム表面上の黒い特徴を検出する場合に、二次元ビジョンシステムでは困難です。不完全性を正確かつ繰り返し捉えるために、自動車業界には三次元ソリューションが必要です。

3D-L4000 カメラがゴムスプライスをスキャンして欠陥を探し、ソフトウェアで検査しているスクリーンショット

シンプルさを追求した開発

コンパクトな三次元画像処理ソリューションは、使いやすく、社内技術者が統合、管理、保守を行いやすいソフトウェアを提供する必要があります。実際のタイヤ検査アプリケーションでは、コグネックスの In-Sight 3D-L4000 ビジョンシステムが、タイヤ層の欠陥を検出します。スマートカメラは、In-Sight ソフトウェアとシームレスに連携し、技術者はツールや平面をすばやく設定できます。ソフトウェアは、設定された平面の上下のすべてのピクセルを判断し、直感的なユーザーインターフェイスの線形測定で特徴と欠陥を表示します。技術者は、In-Sight スプレッドシート プログラミング環境を使用して変更を行い、In-Sight 3D-L4000 の真の三次元エッジ、ブロブ、高さツールを使用して簡単にメンテナンスを行います。

平面度およびギャップの検査

自動車業界でのもう 1 つの一般的なアプリケーションは、平面とギャップの検査です。この検査は比較的シンプルなため、値は詳細に含まれます。二次元システムは、ドアとボディパネルの間のギャップが一定かを判断できます。ただし、二次元システムにとって、2 つのパネルが平面か、同じ平面上にあるかを判断するのは容易ではありません。三次元システムは、パネルが同じ平面上にあるかどうかを知ることができます。ただし、最適なソリューションとなると、メーカーは速度、精度、ソフトウェアを考慮する必要があります。

3D-L4000 カメラで車のドアパネルのギャップとフラッシュ検査を行い、ソフトウェアで検査しているスクリーンショット

自動車OEMを使用すると、使いやすいエッジ、平面、ギャップツールを三次元画像処理ソリューションと組み合わせることで、オペレータは平面/ギャップ検査を迅速に設定し、正確に実行できます。コグネックスのコンパクトな In-Sight 3D-L4000 スマートカメラは、高画質 2K 解像度、最大 4kHz スキャンレート、特許取得済みのスペックルフリー青色レーザー光を使用して、マシンビジョン検査を高速処理し、正確で再現可能な結果をもたらします。

In-Sight 3D-L4000 独自の青色レーザー光には、以下に示す利点がいくつかあります。

  • 特許取得済みのスペックルフリーレーザー
  • 目の安全を確保する 2M 操作
  • 競合するソリューションよりも多くの光を表面に照射
  • 正確な三次元点群で測定
  • レーザーが破片で遮断されている場合でもスキャン画像を取り込み可能

この最後の機能は、特許取得のスペックルフリーレーザー光が可能にする三次元レーザースキャンによって達成されています。ほとんどのレーザースキャンアプリケーションは、破片によってレーザー光が遮断される点から、スキャナを逆さまに取り付けることができません。

コンパクトデザインによるロボット組み立てのメリット

コグネックスのソフトウェアとスマートカメラは、シームレスに連携します。その中でも、コンパクトデザインは In-Sight 3D-L4000 を選ぶ大きな要因となっています。潜在的なソリューション(二次元または三次元)を外部コントローラまたは PC に接続する必要がある場合、統合はより複雑になるため、システムは貴重なフロアスペースをより多く使用する可能性があります。たとえば、ロボットアームアプリケーションの場合、外部デバイスと接続するための配線が動きを阻害する可能性があります。コンパクトな In-Sight 3D-L4000 は外部の PC やドライバを必要としないため、素早く統合できるロボットアームエンドエフェクタアプリケーションに最適です。

平面/ギャップ検査を行えるシステムは複数あります。しかし、自動車業界で競争するためには、最良のソリューションを見つけることが重要です。使いやすく、統合がしやすく、コンパクトなデザインは、In-Sight 3D-L4000 が検査ラインで最大の競争優位性を提供することを意味しています。

連続および非連続検査で使いやすいエッジ、平面、高さツールを使用することに加えて、In-Sight 3D-L4000 は、体積測定用のブロブツールで鋳造および成形部品を検査し、自動車製造環境における品質を改善し、欠陥を低減します。

鋳造および射出成形検査

鋳造および射出成形は精密な工程です。温度、周囲の状態、経年劣化など、さまざまな変数によって、バリやショー ショットを引き起こす可能性があります。成形部品の検査は、部品の合否だけではありません。検査は、部品が完成しているか、後処理が必要かを知ることでもあります。自動車産業が毎年生産する部品の数に伴い、信頼できる部品を安定してサプライチェーンに供給するためには、検査が重要です。

自動車ブレーキディスクの検査

自動車用鋳造工程では、In-Sight 3D-L4000 は、直感的なツールを適用し、自動車部品の体積を正確に検査してバリやショートショットを探すことで、生産量を増やし、品質を維持します。

In-Sight 3D-L4000はスマートカメラを使用して、2つの主要な方法で部品の全体的な体積を検証します。

  • 直感的な PatMax3D は、三次元空間で部品を検索します。
  • Blob3D は、体積を測定し、欠陥を検査します。

スマートカメラには In-Sight ソフトウェアが搭載されており、データをスプレッドシートに表示して欠陥を明確かつ効果的に伝えます。ユーザーフレンドリーなインターフェイスにより、社内の技術者は数分でソフトウェアを学習することができます。In-Sight 3D-L4000 は、自動車業界の鋳造を含むさまざまな検査プロセスに貴重な結果をもたらすオールインワンの三次元ソリューションです。各アプリケーションは、高度な三次元ビジョンソリューションを素早く統合することで、高性能の自動車検査プロセスに適用可能にします。

製造工程は、今まで以上に自動化および接続され、高速化されています。自動車業界の競争において先頭をリードするには、In-Sight 3D-L4000 のような容易に統合できるソリューションが必要です。

 

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ