ブログ

エッジコンピューティングとは何か

what is edge computing large

ラインエンジニア、または製造または物流業務のスループット向上に携わる場合、エッジコンピューティングは、間違いなく注目すべき技術です。ライン操作に対するさらなる詳しい洞察や、より速く、より正確な決定を行う能力を与えてくれます。

モノのインターネット (IoT) の総称で一括される周辺機器やセンサは、より多くのデータを生成し、より多くのネットワークとクラウドリソースが必要となるため、次の 2つの問題が浮かび上がります。

  • 帯域幅が限られているため、大量のデータ転送が高価になる
  • 往復時間の遅延(待ち時間)により、時間の影響を受ける操作の意思決定が遅くなる

同時に、高機能なスマートカメラやバーコードリーダを含めて、工場で使用されている装置は、より多くのオンボードコンピューティング機能が装備され、より多くのデータを生成しています。データ処理機能をデータ収集装置「エッジ」に近づけることにより、クラウドにデータを送信して指示を待つ遅延をなくし、ネットワークの混雑を軽減し、信頼性を向上させることができます。

生産情報システムの一部としてのエッジコンピューティング

通常、センサにより生成されたデータは、ゲートウェイを介して、製造実行システム (MES)、エンタープライズ リソース プランニング (ERP)、およびその他の基幹業務および運用ソフトウェアなどの集中型クラウド アプリケーションに送信されます。この情報により、工場は、価値ある効率性の向上を生み出し、実装することができます。すべてのデータを分散し、モデル化し、分析を実行するには、集中型システムに多くのコンピューティング能力が必要です。

エッジコンピューティングを使用すると、ライン上のスマートデバイスはデータをフィルタリングして圧縮できるため、ネットワークの負荷が軽減されます。同時に、生産ラインのオペレーションをリアルタイムで可視化できるため、全体的な機器効率 (OEE) の改善に真の効果をもたらします。

現代の生産ラインにおける課題と機会

今日の複雑な生産および流通システムを効率的かつ確実に稼働させるのは難しい作業です。マシンビジョンシステムは、これらの重要な製造プロセスの自動化を長年にわたって支援してきました。多くの場合、このような設備の成功はスループットで測定され、プロセスフローの中断には多大なコストとペナルティが伴います。その結果、問題を解決し、ダウンタイムを最小限に抑えるためには、迅速な対応が必要です。生産や出荷が数分失われるだけでも、数千または数百万ドルの費用がかかる可能性があります。
しかし、問題発生時に適切に診断するための適切なシステムパフォーマンスデータが運用マネージャの手元にない場合が多く、問題が発生した場合には推測するしかありません。蓄積されたパフォーマンスの監視情報は、全体的な平均を示すことが多く、特定の問題やよくある問題は示しません。

システムパフォーマンスの可視性欠如

ライン操作に可視性がないと、次の結果を導きます。

  • 計画外の停止
  • メンテナンスの延期または不必要なメンテナンス
  • 廃棄物が発生する場所を細かく特定できない
  • 読み取り率の低下とエラーの原因を特定できない
  • 時間の経過に応じたパフォーマンスの測定、ベンチマーク、改善ができない
  • スループットの向上ができない
  • 工場管理へのコミュニケーションに効果がない

さらに、デバイス管理は、業務拡大に応じて面倒な作業になる場合があります。設定に対するわずかな変更を追跡するシステムがない場合、全体的なパフォーマンスに対する悪影響の診断が困難になります。エッジコンピューティングは、ラインエンジニアにより多くの情報と分析を提供するため、管理するラインを理解および制御する能力が強化されます。

エッジコンピューティングの機能: リーダへの不正な変更を特定する

具体的なエッジコンピューティングアプリケーションの例は、利点を明確にするのに役立ちます。エッジコンピューティングの主な利点は、問題がラインまたはリーダレベルにあるかどうかを簡単にドリルダウンして、コード品質、モニタコントラスト、コード位置、またはその他の指標に何らかの外れ値があるかどうかを確認できることです。このように根本原因を識別することにより、一般的な誤動作を露出させる可能性があります。

複数のラインを複数のシフトで稼働し、過度の読み取りミスまたは遅延に対する要件をレポートするようにしている忙しい工場では、当該シフトの当該ラインで読み取りミスの割合を減らすために問題のあるスキャナを微調整したいと強く感じるかもしれません。翌日、最初のシフトエンジニアは、何らかの変化を感じますが、どのような変更がいつ行われたのかを正確に把握することができません。誰かの特定の問題に対する迅速な解決策は、全体的により大きな減速につながっています。

エッジコンピューティングを使用すると、エンジニアは、変更内容、変更のタイミング、および変更の影響を確認できます。前の状態に戻すことができます。その状況が修正された後、より広範な分析を実行して、読み取りミスを引き起こしていると思われる原因を確認できます。根本原因に対処することで、OEE が改善され、将来的にはその場しのぎの調整も最小限に抑えられます。

エッジの強化

エッジコンピューティングは、企業アプリケーションに、明確で構造化されたデータを提供し、長期的に工場全体で効果的な意思決定が行えるようにします。また、エンジニアには、日常の運用を最適化し、改善する機能を提供します。詳しく、エッジコンピューティングに関するホワイト ペーパーをダウンロードしてください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...