ブログ

パッケージ トレーサビリティとバーコードの品質を確保するソリューション

Packaging Traceability Blog Large

消費財、食品飲料、医薬品、および医療機器のパッケージ アプリケーションにおけるバーコード読み取りと検証は、適切なパッケージ トレーサビリティとセキュリティを確保するために不可欠です。画像処理式バーコードリーダとバーコード検証機は、製品リコールが発生した場合にメーカーや物流業者が生産を通じて製品を迅速に移動し、サプライチェーンに沿って製品を追跡するのに役立ち、グローバルおよび小売業者固有の規制を満たします。

画像処理式バーコードリーダ

一次元または二次元バーコードは、データの取り込みとトレーサビリティを簡素化するのに使われます。パッケージの側面にあるラベルは、ほとんどの場合で高速で移動しながら、厳しい角度で同時に読み取らなければなりません。効率性とスループットを最大限に高めるために、製造、流通、小売業で素早く正確にコードを読み取ることが求められています。しかし、そのコードが劣化、損傷、重要な要素が欠損していたり、表面が湾曲または反射していると、読み取りは簡単ではありません。そうなると、生産の遅延、高価な再印字、製品の廃棄、チャージバックなどが生じる可能性があります。

画像処理式バーコードリーダは、特許取得のデコードアルゴリズムを使用して、高速ライン、くぼみや突起のある部品、パッケージの複数面上のコードを、厳しい角度や離れた場所からでも素早く確実に解読します。コグネックスのバーコードリーダは、損傷の激しい、歪みのある、かすれた、または低コントラストのバーコードでも、確実に読み取り、業界をリードする読み取り率を達成します。大きな被写界深度と広い視野を持つコグネックスのバーコードリーダは、同時に複数のコードを読み取ります。シリアル化、製品のパッキング、トレーサビリティーアプリケーションにおいて、広い視野内で複数のバーコードを読み取ることは不可欠です。

バーコード読み取りパッケージ アプリケーション

パッケージ トレーサビリティ システム

サプライチェーン全体で各アイテムを追跡する情報の証跡を提供するために満たされなければならないグローバルな規制があります。適切なパッケージ トレーサビリティを確保するため、生産者はサプライチェーン内の製品を迅速に特定して見つけることができる必要があります。この実現のため、多くの企業は2次元バーコード、ビジョンシステム、画像処理式バーコードリーダをシンプルでも確実なトレーサビリティシステムの主要コンポーネントとして使用しています。データマトリックスは、製造元、製品ID、ロット番号、賞味期限、固有のシリアル番号などの情報を保存できるため、多くのアプリケーションにおいて標準として適用されてきました。

パッケージ トレーサビリティ トンネル システム

追跡ソリューションは、製品の安全性およびトレーサビリティに関する法律に準拠し、各スキャンポイントでコードの画像を読み込み、解読したデータをセントラルデータベースに保管しています。コグネックスのバーコードリーダは、バーコードの品質や向きに関係なく、一次元および二次元コードを確実に読み取ります。画像処理式バーコードリーダは、あらゆる形状およびサイズのパッケージが適切に仕分け、取り出し、保管、出荷されつと共に、製品リコールの際には特定と検索を素早く正確に行います。

偽造防止ソリューション

医薬品、化粧品、高級品、タバコ、食品、アルコールなど、多くの業界で偽造品が問題になっています。その原点と信憑性が検証できなければ、それらのアイテムは、偽造と疑わしくなります。偽造製品による影響は、収益の損失から、破損または誤動作を引き起こす部品まで多岐に及び、ユーザーを危険にさらし、訴訟につながる可能性があります。製品のセキュリティの欠如は、製造する各製品をシリアル化するメーカーのみでなく、それらを市場に持ち込む物流業者および販売業者にも影響を及ぼします。そのため、多くの政府は、偽造を抑止するための義務的な規制を制定しています。

偽造または誤表記がある、または潜在的に危険な食料品の流通を避けるため、メーカーは、物品レベルのシリアル化、紫外線(UV)あるいは不可視コードなどを展開しています。すでに述べたように、データマトリックス シンボルには、製品ごとに製造元、製品 ID、賞味期限、および固有のシリアル番号などの情報がエンコードされています。このコードは、個々の品物およびパッケージに印字されます。これにより、一般的に偽造商品を様々な処理段階および販売地点で追跡可能にします。

偽造防止データマトリックスとUVコード パッケージ アプリケーション

商品の原点と認証を追跡するため、コグネックスの画像処理式バーコードリーダは、コード、極小のコードでも迅速かつ正確に読み取ります。読み取れない、または文字列検証エラーのあった画像を取り込み、保存して、偽造に対応します。UV コードの場合、バーコードリーダは、照明モジュールとレンズフィルタを使用してコードを照らし、高性能デコードアルゴリズムを使用して迅速に解読します。

バーコード品質検証機

パッケージ ラベルに印字不良、低コントラスト、損傷などがあると、コードが読み取り難くなることがあります。サプライチェーンのどこかでパッケージのコードスキャンに失敗すると、生産ラインが遅延し、再印刷、製品廃棄、払戻などの費用がかかります。また、製品の安全性とトレーサビリティに関する懸念を抱く多くの業界では、準拠すべき業界品質基準や国際標準化機構(ISO)ガイドラインを制定しています。

コグネックスのバーコード検証機は、コードの品質を評価して品質しきい値が満たされていることを確認します。検証機は、キャリブレーションを行い、指定に従った照明を使用して ISO 規格を満たす必要があります。全体的なグレードは、コードのコントラスト、変調、パターンダメージ、デコードの容易度などの複数のパラメータに基づいて決まります。検証結果を監視することにより、品質が低下し始めてもコードの問題を特定することができるため、即座に適切な対策を講じることができます。検証ソフトウェアは、コードの品質を証明するレポートも生成します。

パッケージ ソリューションに関する詳細は、パッケージ用ディープラーニングのブログをお読みください。

 

他の投稿

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...