ブログ

モジュール式モバイル技術を採用する専用デバイスで IT の課題に挑む

MX-1000 Explode Large

新車は、ディーラーの敷地から出た瞬間にその価値の約10%を失い、一部の車ブランドは、わずか数年でほぼ半分の価値を失っています。同じことが、数年ごとに買い替えられるよう設計された専用のモバイルデバイスについても言えます。これらのデバイスがその価値を大きく失う理由は、単一バーコードを読み取る専用デバイスとして作られ、採用されているテクノロジやオペレーティングシステムが直ぐに旧式になり、耐久性に劣るハードウェアや構成部品は修理が必要になるからです。企業の IT マネージャは、需要、変動、および新しいワイヤレス通信標準に対応して拡張可能な将来性のあるモバイル ソリューションに投資する方が賢明です。現在購入可能なモバイルプラットフォームは、幅広い機能を備え、最新のテクノロジーで進化し、過酷な環境に耐えられる必要があります。

では、将来の課題に対応するため、IT 部門が今できることは何でしょうか?

スマートフォンの技術とソフトウェアを活用する

アップルとサムスンは、処理速度、携帯電話通信、画面技術、バッテリー、ユーザーエクスペリエンス (UX) において毎年大きな進歩を遂げ、モバイルデバイスの革新における世界的リーダーであり続けています。専用の特定用途のデバイスとは異なり、スマートフォンおよびスマートフォン専用ソフトウェアは、販売、製造、倉庫、およびフィールドサービスに携わる作業員に、バーコードを読み取る機能 (近距離および遠距離のスキャン範囲に対応する幅広いシンボル読み取り機能)、写真の撮影、署名の取り込み、GPS の使用、Web 検索、または最新の生産性アプリのダウンロードを行う機能を提供します。また、これは、機能に関係なく同じタイプのデバイスで行うことができ、企業全体で複数のデバイスやプラットフォームを維持しなければならないという課題を解決します。

スマートフォンを使用するソリューションのメリットは、ほとんどの従業員がスマートフォンをすでに持っているということです。これは、会社全体で同じモバイルデバイス管理 (MDM) セキュリティソフトウェアが使用できることから、既にビジネス関係にあるベンダーから大量購入ディスカウントが活用できることを意味します。さらに、ソフトウェアのアップグレードも継続的に展開できるため、専用デバイスのメーカーが更新プログラムを提供するのを待つ必要もありません。

新しい、または使いにくい専用デバイスの導入に伴う学習曲線とフラストレーションは、従業員の業務の妨げとなり、意思決定の遅れ、不正確な資料作成、スループットの低下などの原因となります。スマートフォンの技術を導入することにより、使い慣れたユーザーインターフェイス (UI) や大きなタッチスクリーン、オペレーティングシステムの速度や応答性で、従業員のトレーニングも簡単になります。

クロスプラットフォーム開発ツールまたは Web ベースのアプリケーションを使用する

作業員の生産性を高めるため、一部の組織では、従業員が Android デバイスと iOS デバイスのどちらかを選択したり、自分のデバイス (BYOD) を職場に持ち込めるようにしています。この場合、または将来の柔軟性を確保するために、IT 部門にはいくつかのオプションがあります。Xamarin、Cordova、React などのクロスプラットフォーム環境を使用して、単一のコード セットを維持し、いずれかのオペレーティング システムで新しい機能または更新された機能を展開できます。Chrome、Safari、Firefox などのモバイルウェブブラウザには、豊富なユーザーエクスペリエンスを生み出す堅牢で強力な機能が搭載された今、ブラウザやオペレーティングシステムに依存しないウェブベースのアプリケーションも活用の幅が広がっています。

頑丈でスマートなモジュール式モバイル端末で投資を無駄にしない

どのようなビジネスでも、バーコード読み取りアプリケーションに高度な照明とレンズが必要な場合、スマートフォンは脆弱 (コンクリートに落とせば画面にヒビが入り、機能が損なわれる) で、専用デバイスと同様に制限があります。IP65 準拠の筐体が採用された頑丈なモバイル端末なら、2メートルの高さからコンクリートに落としても 50 回以上耐えられます。

専用のモバイル コンピュータは、特定のテクノロジとコンポーネントで作られ、時間と費用がかかるアップグレードと修理が必要です。ヒップホルスター、ピストルグリップ、予備電池、充電ステーション、車両マウントなど、モデルによって異なる可能性のあるアクセサリは、モバイルソリューションの総コストの30%以上を占めることがよくあります。モジュール式のスマートフォンベースの設計を採用することにより、ソフトウェアのアップグレードをMDMソフトウェアで簡単に管理できます。最新の Android または iOS デバイスが導入できるようになったら、企業は堅牢なベースを維持し、既存の充電器とアクセサリを使用したまま、トップカバーキットのみ交換するだけで良くなります。

モバイル端末には、特許取得済みのデコードアルゴリズムとモジュール式の照明、フィルタ、レンズオプションが装備されており、標準、高高い位置、遠距離スキャンに対応して幅広い一次元および二次元コードを読み取ることができます。 モバイルバーコードソフトウェア開発キット (SDK) を搭載することにより、アプリケーションとシームレスな統合が可能になっています。モバイル端末は、5G (利用可能になった時点で) を含むモバイルデバイスがサポートする最新の通信技術を活用するように設計されています。バッテリ寿命とワイヤレス充電ステーションも改善されているため、従来の充電ステーションの破損や腐食の電気的接触ピンを心配する必要はありません。

モジュール式モバイル技術への投資は、専用デバイスが要因の課題の解決に役立ちます。コグネックスから入手できるモバイル端末やその他のモバイルソリューションについては、モバイルソリューション製品ガイドをダウンロードしてご覧ください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...