ブログ

エッジコンピューティングがビッグデータからスマートデータへの移行を可能にする方法

edge computing smart data banner

ビッグデータは業界を変革しています。それは大変な変化です。業界が、インダストリー 4.0 と呼ばれる物理領域とデジタル領域の真のハイブリッドに移行するためには、ビッグデータがもたらす問題を解決しなければなりません。さらに、エッジコンピューティングの進歩により、ビッグデータがスマートデータに変換され、データ量が減ることで、重要な意思決定能力を向上させることができます。

ビッグデータとは何か?

ビッグデータは、ペタバイトという任意数ではなく、そのデータをどのように扱うと有益になるかという点で定義されます。ビッグデータは、そのデータを適切に処理および使用して目標を達成できなくなった場合に備えるものです。

産業用モノのインターネット (IoT) システムに導入されたセンサやその他のデータソースが急速に増加したことにより、生成されたデータの量は、ネットワーク、アルゴリズム、および処理能力の開発を上回る速さで急速に成長し続けています。

インダストリー 4.0 とビッグデータ

インダストリー 4.0 および IoT の基本は、大量のデータを生成し、使用し続けるスマートマシンの相互接続です。目標は、状況の変化、予期しないエラー、新しい目標に対応できる応答性の高いプロセスです。

エッジコンピューティングインダストリー 4.0

データ伝送が安価で高速を維持し、クラウドサーバーも安価で、追加コストなく容量を増やすことができる場合は、すべてのデータを伝送し、クラウドですべての計算を行い、すべての決定を各デバイスに返送できることが理想的です。

しかし、データ量および伝送距離に比例してデータ伝送の費用も増加しています。また、伝送速度と計算時間の両方に伴う物理的な制限により、予測できない遅延が生じる可能性があります。ビッグデータは、価格上昇およびデータ処理速度の鈍化が容易に生じるため、競争上の優位性ではなく、負担となる可能性があります。

ビッグデータからスマートデータへ

ビッグデータが放置される状態にならないようにするための重要な方法は、可能な限りその作成時点に近い場所でクリーニング、フィルタリング、コンテキスト化を行い、他に使用する前にスマートデータに変換することです。スマートデータの容量は、ビッグデータの生成時よりも少なく、さらに処理する時間を最小限に抑える方法で構成されます。

スマートデータは、人にとって「意味のあるデータ」と呼ばれることがあります。しかし、少量の高品質データの恩恵を受けているのは人だけではありません。本質的に処理能力に限界のある、あるいは特定のデータのみを必要とするスマートデバイスは、スマートデータではるかに優れた機能を発揮します。

エッジコンピューティングで最も重要な円滑な処理

高機能センサ、センサネットワーク、ゲートウェイ、その他のスマートデバイスなど、幅広いデバイスを開発する事により、大量のデータが、これらのデバイスが動作しているネットワークで処理できることを意味します。

スマートデータは伝送が不要で、追加処理も必要ないため、生成された場所ですぐに使用でき、時間に敏感な意思決定などに役立ちます。このエッジが中心から離れ、時間に敏感な必要な意志決定が増えるほど、エッジコンピューティングとスマートデータの重要性が高まります。石油・採掘の遠隔操業、鉄道およびその他の輸送網、風雨発電、自律走行車、分散型製造設備など、そのすべてにおいて、資産の管理と運用の維持にエッジコンピューティングを採用する事例が増えています。

同時に、適切な設定によるスマートデータがクラウドに蓄積され、幅広い他のデータと組み合わせて、分析、使用されることでグローバルな運営を最適化し、ネットワーク全体でパフォーマンスの変化を追跡し、問題の早期警告の兆候を特定します。この深い理解により、エッジでの意思決定プロセスを最適化できます。エッジとクラウドは、自身を継続的に改善できるようになっています。

スマートデータで可能となる運用の可視性と制御

エッジコンピューティングで生成されるスマートデータは、運用担当者が管理しているリアルタイムの状況を明確に把握できるため、他の意思決定方法にも影響を与えます。作業する機械について詳しく理解している人は、イベントが発生したときに、より深く状況を理解できます。

デバイス、センサ、リーダ、その他のデバイスをすべて追跡し、必要に応じてプロビジョニングおよびアップグレードできます。デバイスの数は非常に多く、本質的に互いに監視することができるため、一点の不具合もなく、運用に影響を与える傷害となる前に問題を特定することができます。

運用技術 (OT) と情報技術 (IT) の統合はますます進み、エッジコンピューティングはこの統合において必要な工程です。IT/OT の考察は、製品ライフサイクル管理 (PLM)、エンタープライズ リソース プランニング (ERP)、製造実行システム (MES) との連動など、より高いレベルで行われています。そのため、各レベルで、個々のエッジデバイス、および既存のプログラマブルロジックコントローラ (PLC) やその他のマシン間 (M2M) デバイスまで、あらゆるレベルで連動します。

OT が組織の IT 変革において取り残されたり無視されたりしていると感じている場合、それは将来問題になる可能性はほとんどありません。OT は、自由により多くの計算能力を持つことになるため、その機能の一環としてプロセスの可視性と制御の両方を可能にします。

エッジでデータをスマートに

エッジの機能を向上させ、ビッグデータを使用できるようにする方法はさまざまです。まだその方法を知らない方は、今こそ知るべきです。コグネックスの提供する製品の詳細については、Cognex エッジインテリジェンスのデータシートをダウンロードしてください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...