ブログ

COVID-19 が配送セクターにおける購買方法と自動化の加速をどのように変えたか

COVID Automation Large

誰もが COVID-19 による社会的および財政的な影響に耐えなければなりませんでした。個人の安全を維持するために、消費者はオンラインショッピングを増やし、店内でのやり取りを減らしました。小売業者、特にパンデミックのピーク期に営業していた重要なビジネスは、顧客や従業員に対して新たな安全対策を実施しながら、消費者の需要の増加に対応する方法を見つけなければなりませんでした。

パンデミックの間も買い物が継続されたのみでなく、まず消費者が主食商品を買いだめに急ぎ、その後、自宅でバーやレストランなどのビジネスの支出を補っているため、非常に短期間で大幅に成長しました。ソーシャルディスタンスのガイドラインが主張され、消費者の来店制限をサポートできる企業は、その支出のはるかに大きな部分を捉えることができています。これらのオンラインショッピングの傾向は、BOPIS (オンラインで購入して、店舗でピックアップ)、カーブサイド・デリバリー、または消費者への直接配達が主流です。このようなサービス提供モデルを採用した企業は利益を保つことができましたが、そうしなかった企業は、その多くが閉店など、財政的に大きな打撃を受けました。

小売業者の観点から見ると、COVID-19 により、業務効率を高め、人件費を削減するために、自動化への投資が加速しました。COVID-19 以前は、将来を見据えた組織は、3~5年後に導入予定の革新的な技術 (ロボットピッキングや自動在庫管理など) を調査していました。しかし、COVID-19 によって小売店の従業員に対して健康上のリスクが示されたため、自動化加速への入口が劇的に縮小しました。需要の急増 (ホリデーシーズンの買い物) は、従来、「店舗の人員を増やす」ことでて解決してきましたが、今は、パンデミックのために人々が出勤することを恐れているため、サポートが非常に困難になっています。

コグネックスでは、これをリアルタイムで目撃してきました。物流を運営するお客様は、増加する需要に対応するために、コグネックスのファクトリオートメーション技術の採用を増やしています。COVID-19 に対する反応によって、今後の生活に影響を及ぼすイノベーションの土台が築かれました。そこで、このパンデミックがどのように小売を変え、コグネックスの技術がどのように変革を可能にしたかを振り返ってみましょう。

物流向けソリューションガイドのダウンロード

小売業者がパンデミックに立ち向かうためにどのように進化したかを見てみましょう。

小売店舗の変化

オートメーションが従来の小売りの中心となるにつれて、店舗は物流センター (DC) へと変わっています。ディープラーニングやロボット工学などの次世代ツールは、箱からパッケージを取り出して棚に置くなどの複雑な作業を自動化するのに役立っています。薄いマージンで運営される傾向がある食料品業界は、自動フルフィルメント戦略をテストしています。その例をいくつか紹介します:

2つの大手食料品チェーンは、小規模で自動化された配達とピックアップ専用の「マイクロフルフィルメントセンター」を店舗の裏で展開し、テストしています。その2店舗で、アルバートソンズはロボットを使って顧客の注文を準備します。これにより、ピッキングプロセスがスピードアップしています。[1]

COVID による自動化 - 自動化する作業

もう1つの例は、GTP (goods-to-person) および TR (goods-to-robot) ピッキングをサポートスする小型ロボットによる自動保管/検索システム (ASRS) の使用です。この技術は、テキサス州の400以上の店舗を持つ大規模な食料品チェーンである H.E.B が、マイクロフルフィルメント施設の展開をサポートするために使用されています。[2]   

ロボットとディープラーニングの使用は、実店舗で商品を購入する方法と比べて、費用とスピードの点で大きなメリットを提供します。特に今、COVID-19 パンデミックがオンラインショッピングの需要の大幅な増加を引き起こし、食料品小売業者は、労働者を保護し続けながら、迅速なフルフィルメントの継続的なニーズに対応したいと考えています。

コグネックスの技術で可能になる COVID-19 後の小売産業

ますます自動化された小売環境では、すべての製品にはメーカーの出庫ドックから顧客の届け先玄関まで正確にトレースする必要がある固有の識別子が必要です。コグネックスが開発した高度なマシンビジョンカメラ、バーコードリーダ、センサなどで、すべてが可能になります。

コグネックスは、次の重要な4つの技術カテゴリで小売業者の再編成を助けます。

バーコード読み取り。バーコードやその他の固有の製品識別子は、小売物流の頼みの綱です。スキャンデバイスは、バーコード内のデータを迅速かつ正確に取り込み、自動配送システムに送信して全工程における重要なステップでそれをトレースできるようにしています。

COVID による自動化 - 高速バーコード読み取り

物流施設は、需要の増加に対応するために拡張する必要があります。この方法の 1 つは、スループット (読み取り速度) を強化することです。バーコード読み取りシステムは、バーコードの状態やパッケージまたはアイテムのどこにあるかにかかわらず、コードを正確に読み取る必要があります。Hotbars や PowerGrid バーコード読み取り技術に含まれる特許取得済みのコグネックスの一次元および二次元アルゴリズムを採用しているコグネックスの DataMan 画像処理式バーコードリーダは、クラス最高のバーコード読み取りパフォーマンスとリアルタイムモニタリングを提供し、読み取りミスの根本的な原因を分析して、将来の最適化に役立てます。

マシンビジョン二次元および三次元画像を取り込むため、ファクトリオートメーション専用に構築されたデジタルカメラは、アイテムとパッケージが適切な材料取扱システムにソートされ、正確に配送されるようにします。高度なスキャントンネルを複数のビジョンシステムおよびバーコードリーダと組み合わせてパッケージの全側面を可視化することで、リアルタイム検査が可能となり、損傷したパッケージを修理または交換のために適切な領域にルーティングできるようにします。

COVID による自動化 - マシンビジョン

コグネックスは、小売部門全体の物流センター向けの複雑なマシンビジョンソリューションの開発と提供に10年以上の経験を持っています。これらのソリューションでは、有無検出を使用してソータトレイの効率を高め、入庫品のマニフェストの検証、入庫品の形態 (箱かポリバッグ(適切な取り扱いが必要) の判断、送料と最適な包装ソリューションを見積もりなど、流通施設全体でさまざまなアプリケーションを解決するために使用できる寸法データを取り込みます。

ディープラーニング。バーコードリーダとマシンビジョンカメラは、膨大な量のデジタルデータを提供します。そのデータをディープラーニング採用ビジョンシステムで使用すれば、そのデータを分析して、ばらつきが多いプロセスを自動化することができます。

COVID-19 が消費者の購買方法を変えたことを考慮し、小売流通および電子商取引施設では、バーコードを読むことなくオブジェクトを積極的に識別するディープラーニングの使用の検討を早めています。この機能は、自動化された在庫管理アプリケーションで能力を発揮します。

COVID による自動化 - ディープラーニングによる分類

これにより、オペレータがこの作業を行うことがなくなり、施設では終日このプロセスを継続的に実行することで、オンライン在庫数がリアルタイムに近い状態で更新されるようになります。

現在、多くの小売業者は、ディープラーニング、バーコード読み取り、OCR 技術を組み合わせて在庫管理を行う自動在庫ロボットをテストしています。

ロボット。DC のフルフィルメント段階は、通常、オペレータが製品を選択して、購入者に出荷するボックスに配置することが求められていました。このタスクは、形状、サイズ、重さがさまざまになるため、自動化が非常に困難です。

COVID による自動化 - 食料品ロボット

現在ではロボットが物流センター全体で製品を移動していますが、それでもオペレータが棚から品物を取って箱に梱包したり、トートから品物を取り、翌日のフルフィルメントが始まる前に在庫を補充する必要があります。最後に残されているのは、フルフィルメントのプロセス全体を自動化することです。人間の目のように作動するよう学習アルゴリズムを訓練し、ロボットグリッパーが手と指のように動くよう訓練します。コグネックスの工業用ビジョンシステムとディープラーニングソフトウェアは、ロボットをその段階に移行するために欠かせません。

小売業で COVID-19 の教訓を学ぶ

消費者は、COVID-19 パンデミックに対応して、オンラインデリバリーとカーブサイドピックアップに急速に適応しました。小売業者とその物流チームは、同時に新しいプロセスとポリシーを導入しました。

この状況における共通の特徴は、公衆衛生上の緊急事態がビジネスを促し、顧客を満足させるより良い方法を明確に示すことになったことです。2020 年に定着した新しい習慣は、今後何年も続くことになるでしょう。

消費者や小売業者がオートメーションやロボット工学のイノベーションに適応するにつれて、コグネックスの技術も深く浸透していきます。

物流向けソリューションガイドのダウンロード



[1] Grocery stores turn to robots during the coronavirus、2020年4月7日、www.cnn.com

[2] H.E.B Goes Micro With Auto Store Rollout、2020年9月15日、WinSight 食料品ビジネス

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...