ブログ

DataMan 470: 読み取りが難しいアプリケーションに対応するプレミアム固定式バーコードリーダ

自動化やID認識、データ取得のために、ほとんどすべての製品で一次元または二次元バーコードが使われています。効率性とスループットを最大限に高めるために、素早く正確にコードを読み取ることが求められています。それはコグネックスの得意分野です。コグネックスの固定型バーコードリーダ DataMan は、優れた一次元および二次元コード読み取り性能を提供します。このような工業用ツールは、印刷ラベルから読み取りが難しいダイレクトパーツマーキング (DPM) コードに至るまで、業界をリードする 99.9% 読み取り律で一次元バーコードおよび二次元コードを読み取ります。DataMan 70、150/260、360、503 シリーズが、世界中のファクトリオートメーションと物流業務で支持されている理由はそこにあります。

しかし、複雑で高スループットの製造およびロジスティクスアプリケーションを実現するには、さらに優れたパフォーマンスを持つ新しい種類のリーダが必要です。新しい DataMan 470 シリーズの固定式バーコードリーダは、マルチコア処理能力、新しく特許申請中の HDR+ 画像処理技術、高解像度センサ、高度なデコードアルゴリズム、シンプルなセットアップにより、適応範囲、処理速度、使いやすさが最大限に活用されています。

高速でパワフルなパフォーマンスが高度なアプリケーションを実現

DataMan 470 バーコードリーダはパワフルな 7 つのプロセスコアを搭載しており、複数のアルゴリズムと処理を驚くべき速度で並行して実行できます。様々な位置にある読み取りが難しい一次元および二次元コードを読み取り、さらには高い解読率を維持しながら複数シンボルが混在する場合も同時に読み取ります。

高度な画像生成を実現する新しい画像処理テクノロジ

HDR+(特許出願中) は、局所のコントラストを自動的に改善することで HDR テクノロジを強化する高度なアルゴリズムです。これにより、1 回の取り込みで画像がより均一になるため、被写界深度の拡大、ラインの高速化、読み取りが難しいコードの処理能力の強化が実現します。

99.9% の読み取り率で実現される最適なスループットとトレーサビリティ

DataMan 470 シリーズは、特許取得済みのアルゴリズムと高度なアルゴリズムで最適化されており、大きさ、品質、印字方法、表面の状態に関わらず、一次元および二次元シンボルの高い読み取り率を保証します。

最大の柔軟性を実現するモジュラオプション

DataMan 470 の革新的なデザインとモジュール構成の照明、レンズ、通信オプションでバーコード読み取りアプリケーションに関するあらゆる問題を解決します。

性能フィードバック

DataMan 470 シリーズには、コードの読み取りミスの原因を診断するのに役立つフル解像度画像を素早く転送する Gigabit Ethernet が装備されています。リアルタイム モニタリング (RTM) テクノロジは、使いやすいダッシュボードで DataMan 470 のパフォーマンスフィードバックを提供することで、プロセスの最適化に役立てています。

組織がパフォーマンスを最適化する方法については、DataMan 470 データシートをダウンロードしてください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...