ブログ

バーコードの印刷とマーキング方法

Barcode printing and marking methods banner

バーコードを使用してトラッキングとトレーサビリティを向上させる場合、コードの適用は通常、2 つの方法で行われます。コードは、インクジェットまたは感熱印刷方法を使用してパッケージやラベルに印字するか、ダイレクトパーツマーキング (DPM) 方式を使用して対象物にコードを永続的にマークされます。

熱転写とインクジェット印刷

パッケージやラベルなどの素材にコードを印刷するのに最も一般的に使用されるのがインクジェットプリンタです。インクジェットプリンタは、インク液を紙やプラスチックなどの物質に吹き付けてバーコードを作成します。熱転写技術は、通常ラベルへの印刷に使います。熱転写では、印刷ヘッドを温めて、インクを直接ラベルに塗布します。インクジェットや感熱プリントは、主に一次元バーコードまたは紫外線コード(不可視)の印刷に使われています。

出荷ラベルの貼られたパッケージの拡大画像

ダイレクトパーツマーキング

DPM は、ユーザーがラベルに印刷する代わりに、対粗油物にコードを直接マークできるようにするプロセスです。部品レベルのトレーサビリティや責任保護が重要な医療機器、自動車部品、その他の耐久消費財など、DPMは印刷方法より長持ちする方法です。DPM コードは、湿気で剥がれたり、破損または歪む可能性があるラベルとは異なり、かなりの損傷がなければが読み取り不能とならないため、「永続的」と見なされます。一般的にDPMコードには、部品の索引番号より多くのデータが含まれるため、情報量の少ない一次元バーコードの代わりに二次元コードが使われます。

DPM の方法には、主にレーザー、ドットピーン、化学エッチングの 3 つのタイプがあります。印刷される材料によって、それぞれの方法に長所と短所があります。金属部品の場合、レーザー刻印システムは、高スループットで永久刻印が行えますが、設置に費用がかかります。ドットピーンのマーキングヘッドは、安価ですが摩耗するため、マークが薄くなることがあります。

金属上のコード画像 マーキングの種類 説明
金属にレーザー刻印されたデータマトリックスコード
レーザー レーザー刻印システムは、一般的にファイバーレーザーを使用して、部品条のデータマトリックスコードや二次元コードシンボルを部品に彫り込みます。
ドットピーンコード
ドットピーン ドットピーンマークシステムは、一般的に最もコスト効果の高いオプションです。振動型スタイラスを使用して金属に圧力をかけてくぼみを作ります。
化学エッチングコード
化学エッチング 電気を使用する化学エッチングは、ナトリウム 系の溶液にパルス状の定圧電流を流して行います。帯電液が金属を溶解し、特殊なステンシルを通って抽出されます。

バーコード印刷とマーキング方法の詳細については、「バーコード読み取りガイド」をダウンロードしてください。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ