ブログ

バーコードで物流処理を自動化

物流を自動化する理由はたくさんあります。効率的なサプライチェーンは、原材料に包まれたコストが少ないことを意味します。出庫製品のトレーサビリティは、リコールや欠陥を追跡する際の製品経路を提供します。これにより、生産性が高まり、企業は自社製品を市場に投入する能力を大幅に向上させることができます。自動化は、無駄を最小限に抑え、利益を最大化できます。

では、バーコードとバーコードスキャンは、この業界で何ができるでしょうか?1品種のコストの 8% が物流に貢献できると報告されています。自動化によって、このコストを削減できます。バーコードまたは自動識別 (Auto-ID) 技術を使用すると、識別データを手動で入力する必要がないため、物品の検索速度と精度がアップします。

多くの物流業務は、選別、コンベア、ピックステーション、輸送、ロボティクスなど、自動化によるさまざまな恩恵を受けています。このような業務で一般的に使われるバーコードスキャンアプリケーションには、プレゼンテーションスキャン、トート、トレイ、コンベア上のパッケージの側面または上部の読み取り、または印刷して、ボックスまたはトートに貼られたラベルを確認するアプリケーションが使用されます。トンネルは、パッケージが通過する際にパッケージの 6 つの側面をスキャンするのに使用できます。

今後の記事では、これらのアプリケーションについて詳しく説明していきます。

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ