ブログ

粗悪バーコードのガイド

最初のスキャンから数10年、バーコードは必要に応じて成長し続け、そのアプリケーションも拡大し続けている

バーコードが使われる前はどうだったのか、思い出すのは難しいかもしれませんが、最初のスキャナがオハイオ州のマーシュズスーパーマーケットに設置されたのは1974年6月でした。リグレーズガムのシンプルなパッケージは、小売業者が読み込むバーコードが印刷された最初の製品となりました。

その最初のスキャンから数10年後、マーキングの種類とフォーマットが幅広いバーコードは、製品の製造、購入、販売、配布に携わる業界にサービスを提供し続けています。データの収集をより迅速かつ確実に行い、意思決定を改善し、人為的ミスの可能性を排除し、従業員のトレーニング時間を短縮し、ライフサイクル全体で製品を追跡します。また、非常に汎用性が高く、設計や印刷が安価で、最終的にはコスト削減にも貢献します。

バーコードは、メーカーや消費者が毎日触れる製品の多くで採用されています。簡単に言えば、バーコードは世界中のビジネスの仕組みを変えました。

ダウンロード:バーコード読み取りに関するガイド

バーコードは独自の進化を遂げてきたと言っても過言ではありません。急速に産業が発達し、技術が開発されている現代では、バーコード読み取り技術も同様に進化していくことが重要です。デコード機能、パフォーマンスの信頼性、通信の互換性は、あらゆるバーコードリーダの主要な機能です。

読み取り率

バーコードリーダの性能を評価するのに最も重要なのは、読み取り率です。読み取り率は、バーコード読み取りの回数を、試行した回数で割った結果です。通常はパーセント(%)で表し、100%に近づくほど性能が良いことになります。

バーコード品質のフィードバック

ほとんどの生産ラインでは、バーコードの印字品質を高水準で維持することが重要であり、コードが製品配送チェーンの他のリーダにより読み取られるようにします。画像ベースのリーダは、読み取った各コードに対してこのフィードバックを提供できます。

データの抽出

抽出されると、バーコードリーダのデータは、工場または物流センターの MES (製造実行システム) 内に保存または使用されます。利用可能な場合は、イーサネット通信が最も速く信頼性の高いデータ転送方法です。

コグネックスのバーコードリーダは、毎回コードを読み取るように設計されています。ダイレクトパートマークや高速コード読み取りを行う最小で高性能の固定式リーダから、幅広いハンドヘルド型リーダまで、コグネックスなら必ずニーズに合うソリューションが見つかります。詳しくは、「工業用画像処理式バーコードリーダ DataMan と MX シリーズ」をお読みになるか、「コグネックスのバーコードリーダ製品ガイド」をダウンロードしてください。

一次元バーコード 二次元マトリックスコード
一次元バーコード 二次元マトリックスコード
ポスタルコード スタック形バーコード
ポスタルコード スタック形バーコード

他の投稿

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...